今日走らんでいつ走る!Part.Ⅱ

奈良県五條市 五條新町


 昨日に続いて、先日から相当寝不足が続いてお疲れなのですが、昨日以上のお天気ですからねぇ… 「自撮り」の準備を整え五條市の五條新町へ向う事に。重阪(へいざか)峠を越え五條市街に入ったところでコンビニへ寄って行こうと思ったら後ろから鉄人児玉さんが、手を挙げてニコっと笑って颯爽と走って行きました、何処へ行くのかな。
 さて今日のお目当ては五條新町の「餅商一ッ橋」、何度も行っているポイントではあるのすが、先月に日本一周中の荒滝君をご案内した時のショットがこちら、日頃「自撮り」では対象がない状態で、想像しながらロケハンしているのですが、ああこの角度があったんだなぁと、ただ同行者と走っている時は基本的に道路上からの視点ですから、必ずしも「自撮り」のために三脚を立てられるかと云う問題もあるのですが。例えはこの場所、上街道の櫟本付近なのですが、どうにも道路のど真ん中からになってしまうのです、関東からS氏が来奈された折りに代役を努めて貰いました。
 ところで五條新町のこの場所、結構人や車が通るのでそうはなかなかタイミング上手くとは、コース取りも微妙に難しいので数テイク粘ります。

 いつもは西吉野や野迫川の帰りに寄る事の多い五條新町ですが、今日はのんびりと散策がてら行きます。

 五條新町と云えば、町の外れで幻の五新線の遺構と交差するのですが、今ではこれも観光資源の一つ、でも仮に実現していたらいたで、古い街並みを遮る無粋な線路として顰蹙ものだったかもね。ところで上に撮れる超広角レンズの持ち合わせはないので、その様な時はパノラマ撮影を行なう事にしているのですが、なかなか優れもののImage Composite Editer でもこの条件では歪みが出てしまって、どうにも直せませんでした。最近ブログとかSNSで極端に横長の画像がほしいケースがままあるので重宝しているのですが。

 周辺では新町高架橋と呼ばれる五新線の遺構を幾つか見る事ができます、アーチ型の意匠は戦後に建設された路線で幾つか見られますね、例えば倉吉線の関金以南とかに。15年程前までは国道24号線を跨ぐ橋桁も残っていたのですが。
 近くの公園で静態保存されている8620がありました、78675、芸備線の三次区から晩年和歌山区に転身した様ですから、現役時代の写真がどこかにあるはずです。

 

 時間もあるので国道沿いのローソンでお昼を仕入れて吉野川を見下ろす土手のベンチでのんびりします、今日は3月下旬の陽気だとか、風もなく心地良く過ごす事ができました。対岸に五新線の鉄橋の橋台らしきものが見えますが、実際に架橋はされなかった様です。

  午後からも何枚か「自撮り」をしながら過ごします、縦位置での「自撮り」はあまりしないのですが、日頃アスペクト比は1.5:1にしているので縦の時は間延びしてしまうので1.33:1にトリミングしています。アルバムにも上げていないのですが、そのうちフォトブック限定で公開しようかと。土手の上の写真は置きピンして、タイマーをバルブモードでカメラ側の連写機能を使っています、1秒インターバルのタイムラプス撮影ではそうはタイミング良く捉える事は難しいです、やや見上げる角度になるので、土手の目一杯手前を走らないと足元が隠れてしまいます。真横からの「自撮り」のノウハウはこちらでも紹介しています。
 まだまだ時間もあるのですが、適当な時間に引き上げる事に、五條方面からの帰途はいつもなら大阿太を越えて帰るのですが、椿橋まで吉野川河畔を辿って壷阪峠を越えて帰ってきました、陽射しは暖かいですが、帰り道上流へ向って走っていると、山から下りてくる風はまだまだ冷たいです。本日の走行65.4キロ。

関連記事 「五新線跡に沿って西吉野サイク」 2015年1月

今日走らんでいつ走る!

宇陀市向渕(むこうじ)  龍王ヶ渕にて

 実は昨夜もゴソゴソとブログを触っていて皆目寝ていないのですが、今日はなにやらお天気が良さそう、なにしろ今月も折り返しだと云うのに走行距離が100キロに届いていません、それに雪見サイクも今シーズンは今日辺りが最後かも。今日走らんでいつ走るねんとばかりに、「自撮り」の準備を整えて飛び出します、冷たい空気に眠さもぶっ飛ぶ!
 取り敢えずの目的地は藺生(いう)付近と三陵墓古墳、初瀬ダムから小夫(おぶ)といつもの県道<38>桜井都祁線を辿ります。小夫を過ぎいつもの水場で一息入れます、今の季節はともかくとして真夏は非常に有難いポイントなのです。

 今日は新しいブログのヘッダー用に横長のショットを狙って、藺生界隈を回ってみたのですが、思っていた以上に雪が少なくて、一面真っ白な田園風景と云うには程遠いです。

三陵墓古墳群史跡公園、こちらも先月に較べると雪は少ない様です。

 

 

 県道都祁名張線を東へ、多田から笠間を経て深野へ行こうかとも考えたのですが、深野へ行ってもあまり変わりはないでしょうし時間もないので、先月同様に向渕へ下る事にしましたが、台高の山々の展望は今一つ。向渕からはそのまま下らずに龍王ヶ渕へ向かう事に。
 龍王ヶ渕、何度も来ているのですがね、なかなか「自撮り」向けのロケーションはありません、誰が作ったのか小さな雪だるまが三つ、こんな写真を撮って御茶を濁して引き揚げます。

 龍王ヶ渕から戒長寺までの道は、日陰は凍っていてちょっと乗って行くには… 結局、戒長寺界隈でも適当なポイントを見つける事ができずに、山部赤人の墓から王立橋へ下り、西峠経由で帰途に。

このまま手ぶらで帰るのも何なので吉隠(よなばり)でR165の旧道へ、阿保越伊勢街道です。先月は日差しが強すぎて影がかかってしまっていたのですが、今日は丁度良い塩梅かと。で今日のベストショットは…
 意気込んで出掛けた割りには「自撮り」は不発でしたが、久しぶりに気持ちよく50キロ弱を走って帰ってくる事は叶いました。

セフティレバーの入れ替え

 寒いのはあまり堪えないのですが、風の強いのは苦手なので、今日は大人しく自転車嬲り。訳あって延陽伯号ことシルク24とエルバ号のセフティブレーキの入れ替えをする事に、なぜわざわざ入れ替えをするかと云いますと、左側の延陽伯号に付いているのは復刻された現行品で、ヘッド抜き輪行ができる事もあって輪行する機会も多いのですが、故にブレーキワイヤーを緩めてレバーから外してしまう事がしばしば、右側のerba号に付いているクイックリリースの付いたタイプと入れ替えてやろうと云う算段。と云う訳でブレーキワイヤーやバーテープとかを早くから準備してあったのです。  左は浅麓堂のNさんに譲って頂いたクイックリリースの付いたもので、右は復刻された現行品で、クイックリリースが付いていないモデルの復刻ですが、昔の製品とは異なっている点が見られます。  ところでベテランとか思っている人には冷ややかな眼で見られがちなセフティブレーキ、あまり大きな声では云えませんが、以前にもエイドレバーの件で書いた通り、走りながら写真を撮る機会が少なくない私、左手で上ハン持って、右手でカメラ操作、従ってセフティレバーやエイドレバーの類にブレーキが左後のセッティングは外せません。ちなみに今年の「CanCan謹製カレンダー」5月8月は走りながら撮っています。  さて作業をしながらFacebookにそないな事を書き込んでいたら、O氏やK氏からコメントを頂きました。O氏曰く「 セフティレバーって、昔は入門グレードのスポーツ車によく採用されていたので、そのイメージが良く無いのかも知れませんね。」、K氏曰く「40年前のセーフティーレバーは、精度が悪くいざセフティレバーを握った時に外れてブレーキレバーを握り直さないと、ノーブレーキになるトラブルが時々あったので、其れがトラウマになり都市伝説になったのだと思います…」、なる程確かに、今でもエイドレバーが標準装備されているのは入門グレードのクロスバイクと云う感無きにしもですね。  しかしセフティレバーを胡散臭げに云う人に限って、キャンピング車はギドネットでないとなんて云うの、何なの。ただセフティレバーはハンドルを選ぶ事は事実で、ランドナーバーにはしっくり行きません、うちは2台ともNITTOの105です。さてせっかくの機会ですので磨いてあげる事に。  ところで話は戻って、N氏からセフティレバーを譲って貰った折に、クイックリリースの無いのはジュニア用と聞いたのですが、どうやらまんざらそうでも無い様でして、クイックリリースの無いものでも両方ある様です、どう云う経緯で手に入れたものか記憶にないのですが、新品で出てきた右のものは一回り小さくて何と「JUNIOR」の刻印まで入っています。

 カバーはサドルに合わせて黒に、244.7が使えますがDIACOMPEのログに重なっている丸い切り込みは、実はセフティレバーのシャフトのためのものなのです。ところで現行製品はレバーをネジ止めではなくカシメてあります、故にバーテープを巻く際に外す事ができないのです。  延陽伯号はできあがり、実はこれだけの作業で、なんやかやと雑用が入って半日掛かってしまいました。

  さて、erba号に取り掛かろうして、昔使っていた穴あきのレバーの方が良さそう、入れ替えようか思い付いたものの、シャフトを通す穴の径が少し小さくてリーマーで拡げてやらなあきません。今日はそこまでやってる時間もありませんし、erba号の出番はもっと暖かくなってからと云う事で、この先の作業は暫しお預けと相成りました。

あなたはフロント派、リア派?

昨年10月の事ですが、私がお世話しているFacbookのグループ「自転車キャンプツーリングを愉しむ会」で表記の様なアンケート「2サイドで出掛ける時、フロント派ですか、リア派ですか?」を集めてみました。サイドバッグ装備で走る時にフロント派、リア派と云う設問なのですが、せっかくですから伝統的なスタイルの自転車の仲間が集う「マッドガード付き自転車を愛する会」でも同様のアンケートを。 SNSはどんどん記事が先に行ってしまい、あの話題はと云う時に探すのが大変だったりしますので、思い出した機会に探しだしてここへ再掲しておく事にしました。結果はご覧の通りなのですが、画面のコピーでは判り難いのでまとめてみると…
キャンプツーリング を愉しむ会 マッドガード付き 自転車を愛する会
フロント派 19 22
リア派 12 7
意地でも4サイドで行く! 4 4
サイドバックは使わない、 サドルバック等だけで コンパクトが信条。 0 2
その他 0 1
両グループへの重複回答もあるかとは思うのですが、圧倒的にフロント派が優勢、ただクロスバイクやMTBと云った車種が含まれる「自転車キャンプ…」と伝統的なツーリング車の多い「マッドガード付き…」との間で、多少の傾向の差が見られるかと。 ※ Facbookグループ「自転車キャンプツーリングを愉しむ会」は非公開グループですので、Facebookに参加しているだけでは内容はご覧になれません。私と鈴鹿のあびさんが管理人を勤めさせて貰っています。

ブログ移転「MovableTypeからWordPressへ」③

 相変わらずリニューアルしたブログと格闘しています、スタイルシートをさわりだすとキリがないのは判っているのですが、細かいところが気になりだすとね。最近ではモニターの解像度が大きくなって従来の横幅1024ピクセル縛りから1280ピクセル(SXGA)まで拡げようと画策したのですが、これがなかなか思い通りには行きません、結局は元に戻す事に、と云うか従来のデータが1024ピクセルでの比率で、画像をレイアウトしているので、見た目にも無理があります。 結局落ち着いたのは従来通り1024×768 (XGA)に合わせたもの、かつで主流だったこのサイズも今では少なくなったのですが、モニターのワイド化で一つのウィンドウをフルスクリーンで見る事もない訳でして。ところでうちのノートPC(Let’sNoteR7)はまだこのサイズです。 スマホに対応した画面がこちら、メインコンテンツは二段階になります。 スマホ版ではPC版の左右のサイドバーが下へと繋がります、広告のある右側が先にくるのがちょっと気に入らないのですが。 ところで過去のデータですが、リダイレクトが巧く行きだすと、MovableType時代の画像データ格納方法のバラ付きでリンク切れがおこって、修正するのにかなりの部分で力仕事になっています。まぁこちらはぼちぼちとやって行く事にします。リンクやコメントがほぼ問題なく移行ができたので上等です。 しかし手間こそ掛かっていますがWordPressに移行して大正解です、不具合のでてきた古いMovableTypeに比べると、情報やツールの豊富さ秀でています、スパムコメントが凄まじく多いのには参りましたが、Xserver側でフィルタを掛けて貰う事で殆ど収まっています。そんなこんなで暫くは自転車ネタが…

Gallery「Selfy Photo」を更新しました

 「Selfy Photo」、タイトルを「自撮り写真集」から「Selfy Photo」に変えました。フォトブックの方では従来からこのタイトルだったなく、何となくイメージの悪い「自撮り」から「Selfy」に。雪禍に見舞われた方々には申し訳ないですが、もう一度雪での撮影のチャンスが来ないかなぁ… 実はブログのトップ画像用に横長の写真を撮りたいのですが。 以前あった撮影場所のGoogleMapへリンクする機能ですが、あまりに重くなるので廃止しました。一応一部ですがこの様な「撮影ポイントマップ」を用意してあります。  あまりむやみなエフェクトは好まないのですが。シンプルに単色効果を、いわゆるスティルブルーで。モノクロ時代には調色と云う技法がありました、保存性を良くするために銀を他の金属元素に置き換えるものですが、鉄に置き換えると黒が青になります、その青がスティルブルーだなんて根拠はどこにもないのですがネ(^_^;)

2017年1月の実績

713.9km、前年前々年割れですが、この季節としては上等ですよね。 国中(奈良盆地)の細かい処や愛知県豊田市で行なわれた「新春サイクルミーティング」の軌跡は含まれていません。  

還暦を過ぎてもなお「走」「工」「趣」三拍子揃って三流のサイクリスト。ライフワークは「道路元標」と「自撮り」。