なんやかんやと仕事してます

体調はだいぶマシになったものの、自転車の方はモチベーションが下がりきってしまって、いけません。 それでも仕事をしなければ飢えてしまいますので、なんやかんやとゴソゴソ仕事しています(^_^;)

某システムをどうにかWindowsXPでインストールして実行させる処までこぎつけた。 別に慌ててする必要もないのだが、客先にXPマシンが入ってくるとOSから再インストールしなくてはならないのが... しかしSP2には対応できない処が幾つか出てきた。 最新のプリインストールマシンって否応なくSP2なのかなぁ。
 ところでVB6は今月一杯でMSのサポート打ち切りとか、別にサポートして頂いた覚えはないが、いつのまにやらVS2005なんて騒がれている、VB.NETだけバージョンアップするだけで済むならともかく幾つものOCXを買い換えるとなると膨大な出費になってしまうので、手を出せないうちに2,3世代とバージョンが変わって行くともう付いて行けなくなってしまう、なにしろ新しいものへの順応ができにくくなるお歳ですからネェ、第一いまだにXPの画面にすら慣れない、テーマとスタートメニューをクラシックにしておけば2000と殆ど変わらないのだが、よそでXPのスタートメニューに出くわしたりしようものならたちまちうろたえてしまう。


以前に作った制御系のシステムを少し触ろうとして、よくよく考えるとシリアル(RS232C)ポートを2つ持つマシンが2台なくてはならない、サーバーを除けばほぼ現役を退いているマシンを引っ張り出さなくてはならなくなってしまった。 それでも配置とケーブルの都合で3台のモニタにうまく画面を振り分けようとするとどうしても1ポートのマシンになってしまう、GPSで使っているUSB?RS232Cの変換器が使えないだろうか... 使えれば非常にデバッグしやすい環境ができあがるのだが。


いささか畑違いだが新しい案件の打診があって、それはそれで仕事のない折に有難い事なのだが、要求仕様を実現しようとすると手持ちにないOCXを2本、インストーラーのバージョンアップとかで30万程かかってしまう。 とりあえずインターフェースがとれるかとサンプルプログラムを作ってみたのだが...
 新しく必要になるOCX、従来版と.NET対応版とは別製品で、今さら古いバージョンを買うのもなぁ、コーディング量は知れているものの納期を考えると手慣れたVB6の方が安心確実なんだけど。 だいたいが新しい製品が出てくると恩恵を受けるよりも余計な仕事と出費が増えるだけで、ロクにバグフィックスもせずに旧ハードに対応しない新バージョンの乗り換えろと云われてもネ、頭の痛い話である。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です