追撃!! ‘曽爾高原ヒルクライム’御一行様

今日はW氏がコースリーダーの’曽爾高原ヒルクライム’を追撃しようと、T御大、ら氏と大和高原から笠間峠を越え赤目へ下り、椿井峠を越える一行を追撃しようと企ててみたのですが。

笠間峠は東大寺お水取りに奉納する松明を運ぶルートとしても知られる古道の峠ですが。 一応<781>都祁名張線として県道が越えているのですが、赤目側はなかなかの悪路です、車こそやってきませんが深いカーブが続き下りなのにエラく時間が掛かってしまいました。


タイムテーブルでは一応近鉄赤目駅0945、約15分遅れで到着。 人数が増えて名張での集合と移動もすんなりと行かないかも知れないので、はたして前にいるのか後ろにいるのか判りません。 とにかく<784>赤目掛線に入り椿井峠を目指します。
← 実は県道ピークの’椿井峠’より手前の’鬼ヤ坂‘の方がキツいのです。


何とか’鬼ヤ坂’を越えますが、赤目四十八滝上流の出合茶屋では追いつけず、聞くところではやはり15分程前を走っている様です。

← 椿井峠にて ‘曽爾高原ヒルクライム’御一行様は13名の大所帯に、T御大は峠までに追いついたそうです。


お昼は曽爾村掛の休憩所にて。 ここで曽爾高原へ向かう一行とは別れR369を走り帰途に就きましたが、今日は標高差もあったしハイペ?スだったので効きましたわ(^_^;) 走行95.5キロ。

久しぶりの爆速UP、写真だけですがうちのHPの「輪」→「ツーリングの記録」にUPしました。



「追撃!! ‘曽爾高原ヒルクライム’御一行様」への6件のフィードバック

  1. 昨日はお疲れ様でした。
    久しぶりにご一緒出来て楽しかったです。
     新生アスカ号、ピカピカになってましたね。
    でも実はちゃっかり「石さがし」もされてたなんて・・・(^^;)転んでもただでは起きないタイプですね。

  2. 知ってか知らずかモールトンでご苦労様です、日本で2番目に走るモールトニアの称号をば授けます □\(^_^)>でも実はちゃっかり「石さがし」もされてたなんて・・・(^^;) 同行者が知ろうと知ろまいと、完全に「道路元標」を中心にツーリングプランを考えています。

  3. 前田さん。
    昨日はありがとうございました。
    ダムまで引っ張ってもらって助かりました。
    ダムのゆるい登りで足を使いきって切れてしまい、深野への登りはトリプルでサイクリングになってしまいました。
    奈良側から深野へは白石から入れば登りはほとんどなく楽勝です。
    布目ダムの近くの北野からのやまなみロード(広域農道)を途中で左折してもいけます。
    やまなみロードはロード練習向きで、一度チャレンジする価値はあると思います。
    榛原高校の自転車部の練習コースで、しんどいので私はももう二度といきたくないですが。

  4. TRIPLE☆さん。
    昨日はお疲れ様でした。
    青蓮寺湖までの道は、下を向くと影が視界に入って結構プレッシャーやったです(笑)。
    深野からの景色は素晴らしかったです。
    やまなみロード。


    メモメモ。

  5. cancanさん。
    久しぶりに一緒に走れました。
    本当だったら笠の辺で合流したかったのですが。
    子供との交渉が成立して、朝から参加できるのが分かったのが、前日の夜中で連絡ができませんでした。
    何も考えずに笠間峠のコメントをしてしまいましたが、名張への下りだったら深野経由の方が圧倒的に速いです。
    奈良からなら上りも楽です。
    逆に名張からの登りは笠間峠の方が楽です。
    私は日曜日は天理ダムから上がって、深野を往復で通りました。
    すいません、生き字引のcancanさんに道路のことを言うのは失礼ですが、最近、名張、深野方面によく行っていますので。

  6. <781>都祁名張線の笠間峠を通ったのは、長い事通っていなかったから久しぶりに行ってみたかったので、相変わらずの悪路健在で安心しましたよ。
    上笠間から峠集落へ行かずに深野へ抜けて下るのが一番早いでしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です