鋭意製作中だったのですが…

今年は仕事と「道路元標蒐集の旅」のスケジュールを考え、ドローソフトを再び変えた事もあって、早くから着手していたのですが、天気周りが悪くて、仕事が一段落したものの何処にも行けません、でケースとかラミネートフィルムとか昨年の材料の残りで、とにかく10数部出来上がりましたので。
昨夜、大阪に出た折に毎年写真を提供してもらっているS翁に、これも毎年被写体になって貰っているS嬢他の分を含めてお渡ししてきました。

20091114a.jpg今朝、残りの材料が届いたので、再び製作開始。

20091114b.jpgラミネートの後、カッティング、帳合をして、手袋をして検査しながらケースへ。
希にラミネートの途中で埃が入ったり、指紋がついたりしますのでネ。
しかし最近ではフロッピーディスクのケースも少なくなり、オフィス用品通販のkaunetのカタログからはなくなりました、ここ数年はaskulに載っているDATALANDのものが一番安いので使っていますが、安いぶん割れやすいのが難点です、フロッピーケースそのものは市場から無くなりはしないと思いますが、メーカーが変わると微妙に内寸が違うのでデザイン時に要注意なんです。

20091114d.jpg
ちなみに過去の’CanCan謹製卓上カレンダー’にはシングルCD用のケースを使った横長のものがありましたが、ケースが入手できなくなってしまったので現在のFDサイズになりました、これは1999年版。


20091114c.jpg

ところがプレミアムバージョン(2008年版は)をカットしている時に、事もあろうかカッターナイフで左手人差し指をタテてにざっくり。
こういった作業は長年やっていますが、こんなのは始めて、ようやく血はとまりましたが、カレンダー製作は暫くお休みです。

「鋭意製作中だったのですが…」への5件のフィードバック

  1. cancanさん いっも有難うございます。
    気ぜわしい季節を迎えますのにお怪我などされませんようにお願いします。
    カッターは鋭く、もし神経でもやりますと大変です。
    充分楽しませて頂いていますので、どうか癒えてゆっくりと作業をなさってください。
    きつくお願いします。

  2. くろださん、お気遣い有難うございます。
     結構、小さい頃から模型だとか、手先は器用だと思っているのですが、不細工な話です。
    ご覧のようにキーボードを打ったり、利き手ではないので日常生活にはさして不自由はないのですが、左指に力が入れられないと、刃物仕事はかえって危ないので大人しくしています、他にやる事は一杯ありますし。

  3. 今年は正月以来CANCAN産と走る機会が無かったので、カレンダーは諦めています。
    指を縦にざっくりの言葉だけで痛みが伝わってきます。
    お大事にしてください。
    取り合えず仕事に差しさわりの無いとの事ですが、指が1本でも使えないとやっぱり不自由はします。

  4. 「謹製卓上カレンダー」愛用者としてはcancanさんちに足を向けて寝られませんね。
    制作秘話としても痛過ぎますです。
    どうかお大事になさってください。
    血天井ではないですが、cancanさんの血が滲んだバージョンを記念に頂きたいですが。
    と言うことは自転車に乗るのも不自由なんだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です