小匠ダムツーリング②

20111113f.jpg

20101114a.jpg今日のツーリングは神保館を朝7時出発の予定でしたので各自朝食持参のお願いをしていたのですが、Dさんが人数追加の折りに朝食をお願いしてみたところ、準備して頂ける事になり、ご覧の様に500円でボリュームたっぷりの朝食が、お陰で小匠ダムまで走り抜けお昼にする事ができました。

20101114d.jpg暗いうちは少し雨が降っていたのですが、出発する頃には雨も止み予報では快方に向かうとの事。
古座川沿いの道を走り<38>すさみ古座川線を遡ります。

20101114b.jpg明神橋で古座川本流と離れ支流の小川に沿って県道<43>那智勝浦古座川線で奇勝「滝の拝」へ向かいます。
清流古座川と云われますが本流には七川ダムがあります、しかしこの小川の水は格段の美しさ、滝の拝はその小川にできた甌穴(おうけつ)群です。

 滝の拝までは道路の拡幅や付け替えが進んでいるものの、以北は鄙びた1.5車線路が続く私のお奨めルートです。

20101114c.jpg小森川で県道と別れて、県道より立派な林道小匠小森川線に入り1250mもある高野小森川トンネルまで登ります。
しかし和歌山の奥地では高規格なこの「ふるさと林道」とやらが断続的に建設されていて、まるで隠れて公共工事をやっている様な、一日一体何台の車が通るのでしょうか。
まぁ私たちもその恩恵を受けて今日の様なコ-ス取りもできるのですが。

20101114e.jpgトンネルから標高で150m程下ると昔からあった那智勝浦町篭から下ってくる高野林道と合流します。
10年前はダートだったのですが、トンネルの供用に併せて舗装されました。
今では篭から古座川へは先の県道経由より此処を経由するのがメインになってしまっている様で、お陰で県道は荒れ放題、しかし自転車にとってはここからの登り返しが大変です。

20101114f.jpg合流点から2キロ程下ると、以前は建物があったのですが、今では気づかず通りすぎてしまいそうな分岐が左へ下っています。
ここで小匠小森川線は橋を渡って山越えで小匠集落へ向かい、高野林道は橋の下をくぐって川沿いに小匠ダム上流へ行きます、小匠小森川線の開通で、冠水すると通れなくなる川沿いルートの役目は終わっているのです。

20101114g.jpgここからが今回のツーリングのメインで、どうやら問題の区間も軽4の轍が残っているので通行は可能な様です。
写真は私たちの間で有名な冠水した素掘りトンネルですが、幸いと云うべきか今日は水びたしではありませんでした。
替えの靴下も用意していたのですがネ。

20101114h.jpg11時半には無事に高野川が小匠川に合流する処に架かる橋までやってきました。
樫山方面へ向かう樫山小匠林道にも轍が残っているので、樫山へ抜ける事も問題なさそうです、ここから小匠ダムまで往復する事にします、丁度時間もお昼時です。
久しぶりに来て気がついた事は南紀特有の蜂蜜採集用の’ごうら’が目に見えて増えている事です、もしかするとにほんみつばちの不足による蜂蜜の高騰が、この林道の廃道化を防いでくれているのかも知れません。

20101114i.jpg分岐から暫く行くと昔S翁が「回廊の様な」と呼んだ風景が目の前に拡がります。
防災用として建設された小匠ダムが、平常時には貯水せず、ダム堰堤の高さに道を付け替えずに、敢えて冠水する事を承知の道が、この風景を見せてくれています。
戦後まもなくの貧しい時代に、下流の太田川流域の洪水対策に作られたダムは、この谷を流入土砂で埋めてしまう事もなく、今となっては環境と財政に優しいダムの様な気もするのですが。

20101114j.jpg正式名「小匠防災堰堤」、車も通れるトンネルのあいたダムから上流を望みます。

20101114r.jpg小匠ダムにはベンチもトイレもありませんが、桜の木のうわった広場で思い思い持参のお昼にしますが、Dさんのバッグから出てきたのは、サンマの干物と魚焼きの網。

(Photo : UG兄さん)

20101114k.jpg そして U兄持参のセットでお茶にします。
今は廃番モデルのコレールのセットで黒門丸福のコーヒーを頂きます。

20101114l.jpg集合写真の後、再び右奥のトンネルをくぐって上流側へ戻ります。

20101114m.jpg小匠ダム上流の橋を再び渡り、今度は古座川町に属する樫山への道をとります。
軽四の轍のあるいる道ですから、MTBなら100%乗車可能なコースでしょうが、ガードレールは全く整備されておらず、路肩も不安な箇所が多く、と云って山側は落ち葉に隠れた石も多く、私の様な700x32cでは無論ですが、かなりデンジャラスなコースです。
ただここを抜けないと海岸沿いのR42まで出て大回りして古座へ戻らなくてはなりません。
 

20101114n.jpg今回は誰もパンクしないなぁと思っていたら、なんと   チェーン切れが、私もツーリング中に遭遇するのは2度目、その時も南紀の林道でしたが、ちゃんとチェーンカッター持ってるんですね、皆さん。

20101114o.jpg延々と続く暗い渓谷の道から最後の切り通しを抜けると視界がパッと開けて14時半過ぎに樫山に到着。
写真を撮りながら走っていた事もあって、思っていたより時間がかかり、すっかり陽も傾き始めていますが、ここからは舗装の樫山林道となります、樫山は大田川水系なのですが古座川町に属しています、と云っても既に廃村となり今では廃屋が残るのみです。

20101114p.jpg車を置かせて貰っている神保館までは後舗装路で20キロ足らずですが、これから標高差で200mと100mの2つのピークを越えなくてはなりません、ダートを踏ん張って走ってきた身には少々堪えます。
登った分だけ下りもある訳で元気にブッ飛んで行ったご仁もおられましたが。

 16時半に神保館に帰着、走行63.6キロ。

帰途は京都方面へ帰るMさんの車に私は便乗させて貰う事にして、それぞれの帰途に就き、時間的には信州より遠いと云われる南紀ですが、皆さん無事に日の変わらないうちに帰宅された様です。
言い出しっぺのU兄さん、旅館の手配など幹事役を丸投げしてしまったDさん、そしてご一緒して頂いた皆さん有難うございました。
事故や怪我もなくそれなりに満足して頂けた様で案内役としてはホッとしております。
まだ違った季節の訪れてみたいと思うこの頃です。

 今回ご一緒して頂いたランドナー達、DさんはMTB、私とてっちゃんはぬかるみを警戒してガードを外して行きました。
(Photo : てっちゃん)

20101114q.jpg自身かつて一人で行ってながら人に云うのも何ですが、小匠ダム周辺林道は結構危険な箇所もあります、いつも予定通りに通行できるとは限りませんし、標高こそ低いものの人里離れた処です、プ~さんも出るかも知れません。
今回は滝の拝の自販機が動いていなっかったので50キロ以上行程上には自販機すらありませんし、滝の拝から池野山までの間で出逢った車は僅か4台です。
その辺を承知の上で訪れる事もお奨めします、太地下里方面から往復するのが比較的安心かと思います。

「小匠ダムツーリング②」への5件のフィードバック

  1. cancanさん、いつも写真ありがとうございます。
    こうして写真拝見しながらcancanさんの解説読ませていただくと、
    よりいっそう趣きがあり感慨深いものがありますね。
    >ちゃんとチェーンカッター持ってるんですね、皆さん。
    当たり前じゃないですか!デタラメサイクリストですが
    心構えは尊敬する自転車人A様を、お手本にさせていただいております
    水没した時ようの換えの靴下までは用意してませんでしたけどね・・・
    ハイソックスって色々応用できるもんですね、流石はcancanさんです
    これから私もニッカポッカスタイルにしようかな!?(^^ヾ

  2. 今回のツーリングのルートファインディングは私にはとても難しかったです。
    まず、高野林道の新道が小匠小森川線で、水たまりのある素掘りトンネルの部分が旧道化してることが所有の5万図からはわかりませんでした。
    それと小匠樫山林道もルートラボではまったく道がなく、一人だととても不安で行けなかったと思います。
    cancanさんは、経験と知識からすばらしいコース設定をされたと思います。
    非常時のエスケープルートはちゃんとあるし、時間の余裕を見て「水の回廊」メインパートを往復して楽しむ配慮をされてたんですからね。
    しかし高野林道も小匠樫山林道も、篭や樫山の集落の人々が町に出ていく重要なルートであったことがよくわかりました。
    道の付けかたやトンネルの掘りかたがそうですもんね。
    結果として42Bのランドナーに最適の道であったことがうれしかったです。

  3. 素晴らしいコースですね?地図で確認してるだけでもワクワクしてきます。
    このところ紀伊半島にも出かけられていませんし、冬本番になったらMTBで行ってみようかな?

  4. こんにちは
    大役を果たされましたね!さすがです。
    大体ルートは把握したつもりですが、地図とgpsで武装して行きます。
    矢の川 温見 に並ぶ 「秘境大人のツーリングコース」になりそうです。

  5. てっちゃん<
     メカ音痴の上に日頃手入れをしない私は、たとえチェーンカッターを持っていても使えるかどうか怪しいもんです。
    UGの兄♭♭♭ さん<
     私も誰かが言い出してくれないと、なかなか再訪できなかった処ですから、機会を作って貰えて感謝してます。
    また違う季節にも再訪したいものです。
    Chokoさん、山内さん<
     単独行ならくれぐれも気を付けて、携帯も全く役に立ちませんからね、谷合いだから無線も難しいでしょうし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です