「18きっぷ」道路元標蒐集の旅(島根編2日目)

今日は午前中に山陰本線沿いの静間村、田岐村、知井宮村道路元標を巡って帰途に就きます。

20140723a.jpg今回も東横インの朝食サービス(そんな大したものでもない)はパスして、出雲市駅0554発に乗車して静間駅へ、静間村道路元標は駅から20分程の処に倒置されたままで、左側面に昭和13年3月建設とあります。 なんとコンクリート製で切断面から鉄筋が露出しています。

20140723c.jpg小田駅へ移動して田岐村道路元標へ、ネット情報では山陰本線の踏切脇に倒置されていた様ですが、GoogleStreetViewでは確認できず、車中からも確認できなくて不安がありましたが、踏切に行く手前の小田町会館前に再建されているのを発見できました。

 

20140723d.jpg3基目の知井宮村道路元標は西出雲駅がもよりで10分程の距離の「出雲民芸館」にあるとなっていますが、門内なのか門外なのか判りませんし、よりによって休館日にあたります、不安を抱えて出雲民芸館へ向かいます。 道路からは見えませんが入り口への木塀沿いに保存されていて、見る事ができました。

20140223e.jpg西出雲駅を最後に帰途に就きます、山陰本線経由ですが往路同様12時間の長丁場です,伯耆大山~倉吉、鳥取~餘部間は40数年ぶりの乗車です、それに新しくなった餘部橋梁(今は鉄橋やないです)を初めて渡ります。
 写真は鳥取駅にて、姫新線塗装のキハ47が健在でした。

20140723f.jpg福知山で大阪経由か京都経由にするかの選択になりますが、京都駅での山陰本線ホームから奈良線ホームへの5分乗換は輪行袋がなくてもきわどいですし、山陰本線で遅れがでると大変なので大阪経由に、奈良までくると近鉄大阪線が信号トラブルで振替輸送を行っている旨の案内が、早く帰れると横着して鶴橋経由をしないで大正解でした。

出雲市0554→0638静間0755→0832小田1009→1023西出雲1115→1120出雲市1138→1256米子1309→1442鳥取1514→1558浜坂1603→1717豊岡1733→1849福知山1858→2119大阪2125→2222奈良2252→2320桜井 8,880円分乗車

本日の収穫
【993】 島根県 邇摩郡 静間村 (現 大田市)
【994】 島根県 簸川郡 田岐村 (現 出雲市)
【995】 島根県 簸川郡 知井宮村 (現 出雲市)

「「18きっぷ」道路元標蒐集の旅(島根編2日目)」への2件のフィードバック

  1. 往復12時間電車に乗って、現地滞在1時間とは信じられないスケジュールですが、それに価値を見出すところが人生の意味みたいなもんですね。
    ところで先日の渋峠越えの途中で上高井郡高井村の道路元標を見つけました。
    cancanさん未習のを自力で見つけたのは初めてでうれしかったです。
    早朝ランには来ないのですか? 布目ダムの藤棚の下で昼寝をしてたら迎えに行きますよ。

  2. まあ1日分2,370円の「青春18きっぷ」と元鉄ちゃん、ヒマ人と云う事で納得して下さい。
    去年夏の北海道は4泊5日で道路元標は6基ですからねコストパフォーマンスは最悪です。
     長野県にはまだ30基程残っています、一筆書きでまわりにくい場所が残ってしまいました。
     3日はドタ参の予定ですが、天気が怪しくねってきましたね。
    行くなら夜明けから自走して行くつもりです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です