笠置キャンプ場偵察サイク

布目ダムにて

 週末に笠置キャンプ場を利用する計画があるのですが、先月の台風でかなりの被害を受けたとの情報が、その後連休の3日から部分的に営業再開すると云う新聞報道もあったのですが、サイトの状況が判らないので、周辺道路の下見も兼ねて走って行く事にしました。
 朝一で田原本町内で仕事があり、桜井まで戻るのも何なので、その足で天理ダムから大和高原に上がる事にしました。
 ファミマで補給の後R25の旧々道を辿ったのですが下滝本で倒木の為に通行止で、歩行者すら通れない状況、少々引き返す事に。この先天理ダムそのものもゲート工事で天端道路が通れないのですが。

 ダム湖の左岸、国道の対岸路が長滝口まで迂回路になって交互通行となっています。

 針まで旧R25を走り県道25号月瀬針線を北上し布目ダムの左岸路に入ったのですが、3キロ程走って堰堤まで後少しの処で通行止の案内があって暫くでご覧の様な状況に、道路部分が完全に崩落しています、なお山側へ少し辿ると藪の中を担がなくとも推して抜ける事ができましたが、水が流れていて足元は悪いです。いずこもそうですが、人口的に作られた部分が崩れても、古いルートや元々の地形が崩れないものなんですね。
 予定では柳生に入らずに布目川に沿った小径を飛鳥路へ下るつもりだったのですが、なんやかやと時間を喰ってしまったのでそのまま県道4号笠置山添線経由で笠置へ下ります。
 幸いキャンプ場は、受付のプレハブ小屋が流されていますが、サイトあほぼ元通りに修復されていて使用に問題はありません。進入路の整備をしているおじさんと一言二言話をして、キャンプ場を後にします。

 笠置大橋から見下ろした笠置キャンプ場。
 白砂川沿いの県道173号下狭川阪原線も見ておきたかったのですが、帰りも大和高原経由では遅くなりそうですので、あまり走りたくないのですがR163をすっ飛ばして帰途に、偵察サイクと称しながらがっつり107キロも走ってしまいました。気がかりなのは週末のお天気なのですが。

ブログラまンキング・にほんブログ村へ ←「日本ブログ村」ブログランキングの参加しています、応援のクリックをお願い致します。

「笠置キャンプ場偵察サイク」への2件のフィードバック

  1. せっかく誘って戴いたのに仕事になりました。仕事といっても残事務のみですが。お天気も回復して良かったですね。次に備えます。又、ヨロシク。^^

  2. Libertyさん毎度、結構近場なので来るかなと期待してたのですが、残念。次回はよろしく。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です