久しぶりに鳥見山へ

 今日は行き当たりばったりで走り出し鳥見山公園へ登ってきました。鳥見山公園は桜井市と宇陀市の間にある標高734mの鳥見山の中腹にある公園です。実は桜井市外山(とび)にも同名の鳥見山がありますが、こちらは標高わずか245m、いずれも神武天皇所縁とか共通する伝承があるので、どこかでごっちゃになっているのかも知れません。

 R165から県道38号桜井都祁線を経て初瀬ダムへ、天端道路を渡って一旦対岸路へ入ったのですが倒木で通行止め、担げば越えられそうでしたが、靴がドロドロになるのが目に見えているので大人しく撤退する事に。
 小夫(おぶ)集落までやってきました、このまま県道を進むと大和高原ですが、寒い上に風が強いので、鳥見山へ繋がる白木街道に取り付く事にします。このまま藺生(いう)まで行けば緩やかに登って行けるのですが、スクラップ工場とか殺風景な処を通るので、少々キツい部分もありますが、ここで右折してショートカットします。
 20分程で小夫嵩方へ、標高500n程の斜面に家が点在しています。桜井で最も他所の人が訪れる事のない地域です。
 白木街道を行きます、台風の被害もなく、やはり歴史のある道は災害に強いなと思っていたら、萱森まできて「通行禁止」と。
 実はこの部分は新しく作られた区間で、古い道は一旦集落へ下って登り返す必要があったのです。その古い道から見上げると、見事に崩れ落ちているのが判ります。
 東海自然歩道と合流し、宇陀市との境界付近で通行止の看板に、看板の陰に何やら… 見えなかった事にしておこう、しかし榛原に下るのは難しいかも。

 その鳥見山公園ですが、軽四駆で登ってきたらしいアマチュアカメラマンと、天下無敵のおばちゃんグループが… 
 池のまわりを巡りながら、ネイチャーな写真を撮りながらお茶を濁します。お弁当とお茶セット持ってくれば良かったなぁ。

 

 ところで鳥見山公園に来たのは2年ぶり、昔からテーブルとベンチ、バーベキュー台らしきものがあり、昨年でしたか撤去する旨の広報があったのですが、テーブルとベンチは健在です。ところでこんな案内が、申し込めばキャンプができるのですね、でも直火禁止ならともかく火気厳禁では誰が使うのでしょうね。
 一応タイマーとゴリラポッドと持ってきていましたので「自撮り」にトライ、雲が流れるのが早く、なかなかタイミングが合いません。
 車が上がってきている位ですから榛原へ下る心配はないのですが、寒い中西峠を下るのも面白くないので、白木街道へ引き返し萱森から初瀬ダムへ下る事に。奈良で一番旨い手打ちうどんのお店「ぶれーど・う」で珍しくカレーうどんなんぞを頼んで暖まります。桜井市出雲、自宅から4キロ程、ただ日常の行動範囲から離れているのでなかなか寄る機会がないのが残念です。本日の走行47.0キロ。

ブログラまンキング・にほんブログ村へ ←「日本ブログ村」ブログランキングの参加しています、応援のクリックをお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です