月例 東吉野サイク

津風呂湖畔にて

 1月こそ行けませんでしたが、先月18日に続いての東吉野サイクです。
 例によって芋ヶ峠で吉野へ、崩落箇所もその手前の倒木も未だ手付かずの状態です。
 今日は真っ直ぐ吉野川河畔へは下らずに、昨年10月以来の津風呂湖へ向かいます。以前から何やら工事が行われていた場所には「津風呂村懐古」と云う石碑が、ご存知の様に津風呂湖は人造湖で津風呂村と云う村は無かったのですが、龍門村津風呂と国栖村入野(しおの)の数十戸がダム湖の底に沈んでいます。
 入野の桜並木はまだまだこれから、少しR370を走り入野トンネルを抜けて国栖(くず)の家並みを見下ろします。
 東吉野村域に入り、いつもなら高見川に沿った県道小村木津線に入るのですが、今日は平日で「よしの庵」も「麦笑」も休みですので、珍しく鷲家(わしか)経由で谷尻(たんじり)を目指します。鷲家には新しく「小さな道の駅 ひよしマルシェ」と云うのがR166沿いに出来ています、中には東吉野村初のコンビニが、黒滝村の道の駅同様ヤマザキショップで、営業時間は0630~2000。
 さて東吉野村谷尻(たんじり)柿木平、いつもキャンプでお世話になっている古民家カフェ「月うさぎ」ですが、この夏にはあたらしい場所に移転する事になりました。恒例の「月うさぎキャンプ」、次回は4/28~30に予定しているのですが、恐らく谷尻では最後の「月うさぎキャンプ」になるかと。グループでのキャンプにはとても恵まれたロケーションだったのに残念ですが、滝口さん一家が暮らすには過酷な環境です。
 新しく「月うさぎ」が移るのは一谷峠の北側、宇陀市菟田野岩端(いわはし)、県道31号の三叉路を東へ約800m程登った集落の外れ(三叉路からの標高差35m程)にある古民家、里山の中の素晴らしい環境です、今までの「月うさぎ」より標高で100m程低いとか。ただ以前の分校跡と云うロケーションではないので、現状ではグループでのキャンプが行える様な場所ではないのです。
 いつもの芳野川沿いのルートを走り、笠間辻から女寄(みより)を下り無事帰投、本日の走行88.5キロ。

ブログラまンキング・にほんブログ村へ ←「日本ブログ村」ブログランキングに参加しています、応援のクリックをお願い致します。

 

「月例 東吉野サイク」への3件のフィードバック

  1.  げげ、ということは、今の月うさぎさんがキャンプ場になるということでしょうか?。だったら、いいのだけど・・・^^。

    1. 東吉野の今の「月うさぎ」が今後どうなるか未定の様です。ただ「月うさぎ」が移転する菟田野岩端の古民家にはグループがキャンプできるスペースはないと云う事なんです。最後になるかも知れない第12回は4/28~30で、内容は従来どおりです。

  2.  「自転車キャンプツーリングを愉しむ会」のページを拝見したくて、フェイスブックに登録したけど、使い方が分かりません。cancanさんからの返信も何でか見れません。1回目は見れたけど、2回目が開かず。名前は苗字は飛んで「太郎平」です。どうしたら自転車キャンプツーリングを愉しむ会を読めますか?。月うさぎさん参加のページが、ここブログのニュースにあったのが分かり、もう必要なしといえばなしなFBなんですが。最初、FBにしか案内がないと思ってました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です