南紀ツーリング(おまけ)

太地新宮自転車道線にて

 太地で1泊、せっかくですからと行きたい処ですが、夕方までには帰らなくてはなりません、それも「18きっぷ」ですからゆっくりもしてられません。「WAKAYAMA80モバイルスタンプラリー」のポイント2つを巡って那智駅0724で帰途に就く事にします。明るくなってきた0520には宿を出発、「太地町立くじらの博物館」まで往復してR42を東へ。
 殆ど廃道と化していた太地新宮自転車道線の入り口に「サイクリングロード 通り抜け出来ます。 途中階段あり。」途中階段ありは余計ですが、路面も新しくなってブルーラインが引かれています、もともと大した距離でもないのですが、せっかくですので踏み込んでみる事に。並行するR42には鯨浦(142m)、大浦(50m)、湯の浦(97m)と3つのトンネルがあるのですが、自転車道は鯨浦トンネルを岬側に迂回した後、大浦トンネルの隣でご覧の様な階段で山越えしています、階段と云っても段差程度のものだと思っていたら大間違い(写真右)、隣に見えているR42に戻ろうにも道がありません、スロープが付いているので押し上げて、湯の浦トンネルを抜けた辺りへ下って自転車道は終ってしまいます。このままでは再び廃道化する事は目に見えていますね。以前あった四阿も気付かなかったのですが、撤去されたのかな。
 湯川随道、現在の湯川トンネル(350m)の開通で旧トンネルは自転車・歩行者専用となっています、紀伊半島を巡るR42にはこの様な旧トンネルを流用した自転車・歩行者トンネルが数多くあります。
 6時過ぎには那智に到着、コンビニで食料を調達して駅へ、のんびりと輪行支度を整えて0724発新宮行きを待ちます、和歌山線などで227系への置き換えがほぼ終わっていますが、こちらではまだまだ105系が健在な様です、朝の通勤通学時間帯とあって満員。新宮、多気、松阪から近鉄と乗り継いで、1324 無事桜井に帰ってきました。本日の走行13.5キロ。

にほんブログ村 自転車ブログへ ←「日本ブログ村」ブログランキングに参加しています、応援のクリックお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です