第12回「あすか鍋サイク」

20111211d.jpg今年で12回目となる「あすか鍋サイク」、毎年12月に奈良県明日香村岡の食事処「めんどや」に集合してサイクリングの後、名物の「あすか鍋」を頂くという忘年会サイクリングイベントです。 1998年にHP「ランドナー補完計画」のBBSのメンバーでの企画として始まり、第10回以降は隔年開催で行われています。 当初は東吉野や室生ダムに集合してサイクリングの後、車で明日香村へ移動するパターンもあったのですが、参加人数の増加や輪行での参加者もあって、現在の様に「めんどや」の駐車場を一日お借りして、明日香村を起終点とするスタイルが定着しました。 おのずとコースも限られてしまうのですが、今年は芋峠を越えて吉野側へ越えて壺阪峠で戻ってくる2003年、2007年に準じたコース設定としました。

20111211e.jpg今回はなべちゃんとkiki君がそれぞれ大阪から自走でやってくるので、道案内にと大和川御幸橋までお迎えに行く事に。 お昼に芋峠を越えた吉野町千股の水辺公園で「ぜんざい」を振舞う予定ですので材料と鍋他を積んだ2サイド仕様で大和川河畔を北上します。 いつも2サイドの時はリアにセットするのですが、今回は始めてフロント側にセットしてみました。 フロントキャリアの構造上どうしてもフォークががっしり固定されてしまい腕への負担があるので敬遠していたのですが、リアにパニア台を付けると、使い勝手の良いキャラダイスのサドルバッグがセットしづらくなるので、バッグレイアウトとしてはこちらが良いのです。 まぁ走行性と云う点ではフロント派、リア派がそれぞれいて賛否両論分かれる処ですね。

20111211n.jpg結構桜井を余裕で出たつもりだったのですが、天理市庵冶のコンビニでお昼の弁当を調達しておこうかと時計を確認してみると、御幸橋南詰め8時40分までと云う約束の時間にはぎりぎり、コンビニはスルーして御幸橋へ急ぎます。 既になべちゃんもkiki君も到着していましたが滑り込みセーフ。 そのまま停まらずに自転車道へと、しかし2サイドで健脚のお二人とご一緒するの大変です。 (写真:なべちゃん)

20111211f.jpgどうにか「めんどや」へ9時40分過ぎに到着、既に殆どのメンバーが揃っていたので、霧のイベントが行われる石舞台に移動して貰う事にしましたが、どうやら乾さん早速パンクをやらかしてしまった様です。 明日香村石舞台では「飛鳥アートプロジェクト2011」のひとつとして9時から18時までの毎正時から10分間、霧による演出が行われています。 遠来の参加者もおられますし、折角の機会ですから時間を合わせて見て頂く事にします。

20111211g.jpg今回のサイクリング参加者は14名、特にレギュレーションを定めている訳ではありませんが、ガード付きツーリング車がメインで、今回も東叡、アルプス、片倉、エルスの名車が並んでいます。 それにフロントサイドバッグを装着した車も3台、全員のコーヒーを用意して下さったつっちーさんのアルプスと肩を並べて走らせて貰いました。 (写真:輪童さん)

20111211h.jpg日本の棚田100撰に選ばれた稲渕の棚田を見下ろす場所や、栢森、行者辻とローディには考えられないペースで休憩をしながら芋峠で目指しますが、栢森を出た処でkiki君がパンク、先頭集団は行者辻で待ってくれていましたが、体を冷やしてしまうので先にすすんで貰う事に、標高は高いものの少し日差しのある芋峠で待つ事にします、でも皆さん自転車談義で退屈する事はありませんが、私は「ぜんざい」の準備もあるので先にすすませて貰う事にします。

20111211i.jpg標高差250m余りの下りを一気に、始めてのフロント2サイドですがバランスも良く、荷重にもよるでしょうがシミー現象の心配も全くありませんでした。 吉野町千股の水辺公園へ、ここで昼食休憩です。 皆さん思い思いの弁当やらを広げます。  

20111211m.jpg各自、昼食の後は温かい「ぜんざい」を、今回は女性の参加者がなべちゃんだけだったので、色々とお世話になりました、有難うございました。 2kg余りのつぶあん、餅と栗入りぜんざい、完食して頂きました。

20111211j.jpg昨日の下見では千股と高取城跡の休憩で合わせて2時間半の余裕があると踏んでいたのですが。 千股を出発したのは13時をまわってしまい、今日は吉野川河畔まで下らずに、山麓の道を縫って壺阪峠の取り付きを目指す事にしますが、好事魔多しとは… 今度はつっちーさんがパンク。

20111211k.jpg壺阪峠に着くのはすっかり遅くなってしまい、これから高取城跡へ往復する時間はないので、つっちーさんが積んできてくれたコーヒーの用意もあるので、五百羅漢へ行く途中の空き地でコーヒータイムをする事にしました。

20111211l.jpg紅葉の高取城跡を端折ってしまいましたが、予定の時間までに「めんどや」に戻り、「あすか鍋」を囲んで宴の始まりです。

今年も皆さん色々とご一緒頂き有難うございました。

乾さんのブログ
SORAさんのブログ
九度山人さんのブログ

「あすか鍋サイク」下見ラン

20111210b.jpg明日の「第12回あすか鍋サイク」の下見で走ってきました。 写真は石舞台で行われている「霧」のイベント、毎正時に霧が噴出されます。 明日「めんどや」駐車場を10時出発の予定ですが、予定のメンバーが揃えば9時45~50分に出発して、ここで記念写真を撮っても良いかななんて考えてます。

 明日の集合場所はお馴染みの「めんどや」駐車場、右の坂を登った左側、お店の裏と云うか上です。




20111210c.jpg石舞台前を10時過ぎに出発し、ロケハンも兼ねて、明日のタイムテーブルで芋峠を越えて吉野町千股まで走ります。 棚田を見ながら稲渕、栢森、行者辻とローディには考えられない間隔で休憩しながら11時10分に芋峠到着、あとは千股の水辺公園まで一気に下ります。 栢森から千股までで出会った車は1台、それより自転車が4台、ちょっと前まで考えられなかった事です、しかもこの季節に。 写真は芋への登りで、すみません知らない人です。

 

20111210e.jpgところがここで大変な事に気がつきます、サブとは云えデジカメのLUMIX DMC-ZX1を石舞台を見下ろす公園のベンチに忘れてきたのです、今さら取りに戻っても元の場所にあるとはとても考えられませんし、デジイチのG1ならともかく大したデータも入ってないので、予定通り壺阪峠を回ってから明日香村岡の交番へ行く事にします。
 写真は明日の昼食休憩場所、吉野町千股の水辺公園、四阿は定員オーバーですが、日差しがあって風がなければポカポカと暖かいのですが。

 

20111210a.jpg今日は吉野川河畔まで下らずに山麓の<255>寺前千股線と<222>今木出口線の旧道を継いで壺阪峠の南側へ出ます。 このルートは2003年の第6回「あすか鍋サイク」で走っているのですが、アップダウンがあって時間的にはあまりショートカットにならない様ですね。 壺阪峠への道はご覧の通り落ち葉の絨毯です。

20111210f.jpg壺阪峠からさらに標高で150m程登ると日本三大山城の高取城へ行け、今年はまだ紅葉が愉しめそうなのですが、写真を撮るにも今日は日差しが期待できないので、明日の愉しみにして峠を下ります。 途中からは葛城山麓から二上、生駒が望めます。

 

20111210g.jpg鷹取町の古い街並みへ入り、観光案内所の「夢想館」まで下りてきましたが、今日の午後は臨時休業。 高取町道路元標を横にみて明日香村へ戻ります、ただいつもの消防署裏から檜股へ抜ける道が途中で工事中、自転車は押して通れなくもないのですが、明日は時間によってはバイパス経由した方が良いかも知れません。
 明日香村へ戻りまずは石舞台へ、まだベンチにデジカメがそのままある訳もないでしょうが。 続いて岡の交番へ、ここへは届いていない様でとにかく届けをだすと、石舞台周辺の係員が見つけると高松塚の国営飛鳥歴史公園管理センターに届くそうなので、そちらへ連絡してみると良いと教えられ。 早速管理センターへ走ります。 案の定公園係員の手を経てこちらへ届いていました。 川原の母方の実家へ顔を出した後、交番に報告とお礼を云って一件落着、桜井へと帰途に、本日の走行56.1キロ、思いがけないトラブルで早く帰るつもり遅くなってしまいました。 暗くならないうちに慌てて明日の準備を、フロントにサイドバッグ用のキャリアを取り付け、ボトルゲージを1.5リッタ-用に交換。

シクロツーリスト 旅と自転車 Vol.5

20111209a.jpg12/8に発売された「シクロツーリスト 旅と自転車 Vol.5」(グラフィック社 1500円)に10月30日に行った「伊勢本街道」の記事が、鈴鹿のあびさんの文で掲載されています、私も幾つか顔をだしていますので、ご笑覧をば。 他にm-kojimaさんやくりくりさんの街道記事、UG兄さんの自転車の紹介や、旧知の方々も多く名を連ねておられて愉しいものです。
 でも私のあすか700Cツーリング、「前が700x28Cの32H、後は32Cの36H」ってのは間違いですよ、それぞれのセットをケースバイケースで履き替えてます。
 

AMAZONでのお求めはこちら

明日香ご案内ポタ

今日は神戸から満棒さんが三輪山登山に来られると云う事で、下山後明日香村を少しご案内する事に。 三輪神社の御神体である三輪山は入山は制限されていて、狭井神社で許可と入山料を払って、指定されたルートで山頂までの往復が許されてます。 桜井に10数年居ながら、展望もないと云う話なのであえて行く事もないだろうと、私自身は登った事はありません。 下山する頃を見計らって、お昼に三輪神社近くの適当なお店でにゅーめんでも頂こうかと思っていたのですが、連絡があったのが下山後だったので、桜井駅まで来て貰い、そのまま明日香村へ行く事になりました。

20111127a.jpg大官廃寺跡から水落遺跡といつものルートを抜け飛鳥寺裏の曽我入鹿の首塚まで、付近では遺跡の発掘説明会が、明日香村は母方所縁の土地ですし、桜井も箸墓古墳とかがあって、考古学ファンには魅力的な処なんでしょうか、私はトンとそちら方面に興味はないのです。

20111127b.jpgお昼はにゅうめんを頂こうと云う事になっていたので、御馴染み明日香村岡の「めんどや」へ、何と店の前は自転車だらけ、観光客のレンタサイクルに加えて、来週のヒルクライムに試走の人達でしょうか。 店内も上に団体が入る様で大わらわ、「あすか鍋」の話どころでは。 店の親爺に「一体何人連れて来たんや」と云われる始末、スポーツサイクルに乗ってのん、みんなうちの身内ちゃうわ!!  とにかく具沢山にゅうめんと柿の葉寿司とわらび餅のセットを注文。

20111127c.jpg昨日に続いて輪童さんから連絡があり「めんどや」で合流して案山子ロードへ、あちこちに来週の「明日香ヒルクライム」の交通規制を知らせる立看板が。

20111127d.jpg稲渕の棚田も、案山子コンテストの時の賑わいはなく今が一番殺風景な季節、火器を持ってきていたのでベンチでコーヒーブレイク。 この後、橘寺まで出てきた処でkiki君のツィートを捕捉、輪童さんと二手に別れて石舞台で挟み撃ちに、やっと4人が揃いました。

 輪童さんと別れた後、飛鳥川沿いの自転車道を走り、輪行で帰る満棒さんを大和八木駅まで送り、自走のkiki君を昨日行ったばかりの大和川御幸橋まで案内して、昨日とは逆回りに大和川に沿って帰ってきました。 本日の走行53.5キロ。

2012年版CanCan謹製卓上カレンダー完成

20111126z.jpg毎年暮に、かれこれもう10年以上にわたって、その年に自転車遊びでご一緒して皆さんへのお礼にとお配りしている卓上カレンダー、2012年版が完成しました。 主に「あすか鍋サイク」や「石川ポタ」の折にでもお配りする予定で鋭意生産中です、お楽しみに。
 2012年版は2,12月にskuram氏、表紙裏表紙になべちゃんとまえださんの写真をお借りしました。
 また写真の被写体になってしまった方と年間ご一緒ベスト10の方には別にプレミアムバージョンをお渡しいたします。

峠の上のそば屋へ

なべちゃんから女寄峠の「韃靼そば」を食べ、「月うさぎ」へやってきた山羊を見に行こうと云うリクエストがあり、喜んでお供させていただく事に。 しかしいずれのコースにせよわが町桜井を通る訳なのですが、女寄峠のそば屋へ行くわけですから、女寄を登る以外の選択肢はない訳で、桜井から一緒に走り出そうものなら、かつて乗鞍入賞経験のある彼女についてゆける訳がありませんので、卑怯にも峠直前の女寄交差点で待ち合わせる事にします。 ただ東吉野村の「月うさぎ」まで行く時間はありませんので、大宇陀を経て大峠で戻る事に。

20111126a.jpg当然、私の事ですから粟原集落の中の旧道を行ける処まで行き、R166の下をくぐって回り込めば、登坂車線の始まる直前に出て、女寄トンネル手前の信号まで残り1キロ足らずです。 それでも中女寄のバス停で一息入れさせて貰います。 しかし今日は最高のお天気ですわ。

20111126b.jpg女寄の信号を榛原側と云うか旧道側へ入ってR166を見下ろす土手の上で待つ事にしますが、どうやら途中で道を間違えた様な内容のメールが届いたので、到着までは結構時間がかかりそうですが、日差しがポカポカと暖くて快適です。 好天の休日とあって何組かツーリングとおぼしき自転車が通って行きます、この時間にしては珍しく下りの3人組も。

20111126c.jpg遠路枚方からなべちゃん到着。 残念ながら交差点で車が錯綜するので、この場所からはなかなか上手いタイミングには写真が撮れません。



20111126h.jpgところで「韃靼そば」の会津屋さん、「よろづ」のmillonさんによると東吉野から、大宇陀、此処と移ってきていて、そう云えば東吉野のお店は入った事はありませんが、何度も前を通っていました。 現在の場所は確か以前「楡」と云う名の喫茶店で、お姉ちゃんが一人でやっていたのですが、店の前に自転車単車嫌いの犬が放し飼いにされていて、お店はともかく自転車乗りには悪名高い店で、国道まで出張って追いかけてくるので側溝に落ちた人もいるとかいないとか、なお現在は黒い仔猫がいます。

20111126d.jpg肝心の苦そばを使っているだろう「韃靼そば」は予約制で、普通のざるとおろしそばだけ、暖かいつゆそばの類はありません。 お値段も大中小、量にかかわらず1,000円均一、特大だけ別料金。 2番目の中サイズを頂きましたが、先にそばがきが出てきたので女子には多かった様な。 Yahooや食べログで高評価のお店ですが、見た目はかなりワイルド、私は決してそば通ではないのでエラそうな事はよう言いませんが、美味しかったですよ。

20111126e.jpg今日の目的は他にまだ決まっていないカレンダーの写真の穴を埋める事だったのですが、そばで時間も食ってしまい、その上今日はNCTCの総会で夜には京都市内へ行かなくてはならないとの事で、写真を撮りつつも駆け足?で宇陀市を走り抜けます。 写真は火曜日にもSORAさんと走った、新しく舗装された宇陀川沿いの道で、後ろの急坂を登る訳ではありません。 今「おごぽご」の対岸も工事中なので、完成すれば、車の多い国道を走らずに榛原から大宇陀まで行けます。

20111126f.jpg大宇陀の古い街並みで写真を撮ってから宮奥ダムを経て大峠トンネルまで登ります。






20111126g.jpg大峠トンネルを越えて一気に八井内まで下ります、紅葉の多武峰を越えて飛鳥経由で帰る事も考えたのですが、やはり時間が足らないので桜井へ下り大和川沿いに帰途に就いて貰う事にします。 一昨年に明日香村への県道<155>多武峰見瀬線が開通したので、この時期の紅葉見物の混雑、たいぶマシになった様ですが、やはり桜井からの県道<37>桜井吉野線はあちこちで渋滞していました。 なべちゃんを大和川御幸橋まで送り、携帯に着信のあった輪童さんへ電話を、鉄人児玉さんと加茂屋さんがご一緒でどうやら明日香で迎撃を企んでいた様です、「よろづ」で晩御飯をご一緒する事になり、今度は飛鳥川沿いの自転車道を南下して橿原神宮を目指します。

「よろづ」での晩御飯の後、加茂屋さんを近鉄大和八木駅までお送りして帰途に、本日の走行78.9キロ也。

久しぶりのカメラポタ

仕事の方が一段落ついたので天気の良さそうな平日に走ろうかと企んでいて、先月末に雨の中行った伊勢本街道へでもとD女史を誘ったのですが、見事にふられたので久しぶりに鳥見山へ向う事にして、その後は榛原に下って「おごぽご」~宮奥~大峠~多武峰~と考えてみました。 一人でもつまらないのでTwitterでSORAさんに声を掛けておいたのですが。

20111122a.jpg旧都祁村の三陵墓古墳に10時と云う事にしておき、初瀬ダムから小夫と針へ向ういつものコースを登って行きます、標高400mを越えるだけに結構冷えてきます。 三陵墓古墳は地元の幼稚園の遠足? 賑やかな事です、10時丁度にはSORAさんは現れませんがTwitterによると既に福住を通過していますから、まもなく現れるでしょう。

20111122b.jpgSORAさん到着、少し桜井側に戻り白木街道へ入ります。 白木街道の詳しい由緒は判らないのですが、都祁から榛原へと鳥見山の中腹を西側から南側へとアップダウンを繰り返しながら幾つかの集落を継いでいます。 地元の車しか通らないご覧の様な1.5斜線路です。

20111122c.jpg鳥見山公園は鳥見山の南腹、標高600mあたりにあってちょっとマイナーな紅葉の名所になってます。

20111122d.jpg今日は久しぶりにバーナーとコッフェルを積んできました、冬はやはりカレーヌードルです。 ここにはテーブルやベンチも整備されているので、以前みんなで「きりたんぽ鍋」なんかもやりましたね、ただ水道は飲料に使えないので、積んでくる必要がありますが、

20111122e.jpg一時間程写真を撮って榛原へ下ります、中腹から上に新しい道ができていましたね。 元南都銀行の建物の前に榛原町道路元標が建っていますが、この辻は伊勢本街道と阿保越伊勢街道の分岐でもあります。 「左あをご江みち」「右いせ本かい道」の道標もあります。 (写真:SORAさん)

20111122f.jpg宇陀川沿いの道を野依の「おごぽご」へ向います、宇陀川の右岸路もカラー舗装され自転車にぴったりのコースになりました、後ろに見えるのは大和富士とも呼ばれる額井岳。 しかし「おごぽご」は休み、他に行く処もないし宮奥から大峠を越える余力もないので、素直に女寄峠を下り宇陀ヶ辻でSORAさんと別れ、えらく早く帰ってきました、走行約52キロ、SORAさんお付き合い有難うございました。

道路元標は回る

20111114a.jpg先日、再建を確認したばかりの奈良県橿原市の今井町道路元標、その時はケータイのカメラしたなかったので、大和高田への所要の途中立ち寄ってみました。 なんと回りに支柱が建てられ鎖が邪魔に、おかげでケータイで撮った写真が貴重になってしまいました。 ところが良く見ると「今井町道路元標」の文字が…

20111114b.jpgなんと西を向いていたものが北向きに建て直されています、それなりの重量の石柱で地下には80cm程が埋っていますから、ご苦労な事ですが、わざわざ建て直したこの向きになんらかの根拠があるのでしょうか。  

20111114c.jpg2009年春まで「今井町~」の面を北東に向けて埋っており、写真は道路側から「奈良縣」と彫られた面を写しています。 ただ上田倖弘著「道路元標を尋ねて」によると、過去蘇武橋は三度流されているそうで、元標も2009年の時点で大正時代の位置や向きとは異なっている可能性が大きい様です。

 なお元奈良県報号外(大正9年4月1日発行)に拠ると「奈良県高市郡今井村大字今井蘇武橋西詰」とありますが、設置当時の道路状況を調べてみるのも面白そうです。