しっかり梅雨ですね… 雨具のお話

 処によっては梅雨と云う以上の被害が出ている様ですが、鬱陶しい毎日が続いていますね。 今日も所用で雨の合間を縫って20数キロ走っていたのですが、先日の「黄和田キャンプ」では覚悟の上とは云え、帰り道しっかり降られてきました。
 
20160621a.jpg ラ系サイクリストの雨具と云えば「ポンチョ」が挙げられますが、風にバタつくと云う問題はありますが、風通しが良くフロントバッグからサドルバッグにかけてカバーできると云う点が大きなメリットなのでしょう。 反対にマッドガードの付いていないロードバイクの様な自転車にとっては前輪のはねあげる飛沫には無防備な上に、後輪は巻き込む危険性もある訳です。 意外なのは(写真右上)の鉄人児玉さんがポンチョだった事。 (写真は何れも2012年3月、今は亡き門岡さんを奈良にお迎えして行なわれた「自転車ツーリング再生計画15周年オフ」での一コマ)
 
20160621b.jpg 現在、普通のレインウェアとは別にポンチョを2つ持っていますが、スーパーで売っている様なお手頃なものです。 モンベルでも山用としてポンチョがラインナップされている様ですが(写真左端、モデルは天神橋五丁目さん)、リュックを含めて被る様に考えられていて、基本背中に担がないラ系の人には後ろが長すぎて、自転車用ではないので前が短すぎるのです。 モンベル製品ですから高機能な透湿素材を使っていて軽くて快適だろうかとは思うのですが、いつ引っ掛けて破ってしまうかも知れないポンチョとしては些か高すぎます。
 
20160621f.jpg さて最初の写真、キャンピング車のサイドバッグの雨具ですが、私がいつも長年色々と使いながらもコケにしているA産業のサイドバッグに標準で付いてくるものですが、相変わらず気の利かない作りでして、縛るとこのコードがぶら下がって邪魔と云うより危険なんですね。 素材もゴワゴワして収納時にも嵩高く、非常に汚れの落ちにくいものです。 このメーカーは昔からユーザーの視点に立ったこだわりが見られません。
 
20160621g.jpg やはり登山用品として売られているザックカバーを使われるのがお薦め、コンパクトに収納できる袋も付いていて、コードの両側にはフックが付いていますから、工夫のしようもあると云うもの、サイドバッグなら10~15リットル用あたりが丁度良いでしょう、収納サイズも先のあまけカバーの半分にはなりますし、カラーも色々あると思います。