第25回 新春サイクルミーティング

愛知県豊田市「昭和の森」Photo : おつねさん

 毎年1月3日に行われる「新春サイクルミーティング」に今年も参加してきました。1996年に始まり今年で25回目となるこの行事、名古屋のサイクリストクラブ「はづき」とカトーサイクルさん、深谷産業におられたS氏が中心となって行われてきました、参加資格はマッドガード付き自転車である事。私は縁あって2008年から参加させて貰っていますが、今や新年の恒例行事となっています。
 朝7時過ぎにUG兄さんの車に拾って貰い愛知県豊田市の「昭和の森」へ、過去には雪に阻まれた年もありましたが、名阪国道から東名阪~伊勢湾岸~愛知環状と継いで、集合時刻の10時前には無事に到着、受付を済ませます。
 実は今年初めて参加費を徴収し記念品が配られる事に。
 主催者のご挨拶と参加者の自己紹介。
 至宝烏山エルスと11月の「スズカ8H」でも大活躍して貰ったフミコ女史とのツーショットにご満悦のUG兄氏。なぜか「CanCan謹製カレンダー」も。(Photo : kiyaさん)
 サイクリングは12時頃スタート、その前に各自腹ごしらえ。
 ここ最近は関西組の炊き出しが恒例に。(Photo : kiyaさん)
 さて1151にはぼちぼちスタートです。
 まずは一山越えて矢作川に架かる広梅橋まで下ります。
 最初の休憩は名鉄三河線の三河広瀬駅跡。
 矢作川左岸の県道を北上します。
 矢作川に架かる加茂橋を渡り右岸に戻ります。以前は南廻りコースと云うのもあったのですが、最近はこのコースが定着しています。
 加茂橋西詰の川澄屋で休憩なのですが、今や全員が入れません。
 通称K三峠へ、推す人頑張る人。私も一度は登りきった事はあるのですが、もう無理ですね。
 K三峠では何やらパフォーマンスが。(Photo : kiyaさん)
  4度目の休憩、数十台のマッドガード付き自転車が並ぶのは壮観です。
 最後の登りでフミコ女史にちぎられてしまいました。(Photo : kiyaさん)
 15時前には全員無事に「昭和の森」に戻ってきました。
 ご挨拶の後、25周年を労って有志から主催者のお二人へ、手渡したm-kojimaさんとakutaさんは25回皆勤だとか。
 もちよりのコーヒーとお菓子で、自転車談義は終わりません。
 1620 今年もよろしく「昭和の森」を後にします。帰路上り線は大変な事になっていましたが、19時前には桜井まで送って貰い、今年の初走りは無事に終了、本日の走行25.0キロ。

 なお集合写真を含む写真を順次アップしております「サイクリングの記録」→「2020」からご覧下さい、オフィシャルの集合写真と、撮影者名が明記されていない私が撮影したものに関しては参加の方の再利用は可能です。行事の性格上、意に沿わない方が写り込んでいる場合がありますが、ご連絡を頂ければ速やかに対応させて頂きます。なお認証が必要です、パスワードをご存知でないとご覧頂けません。ログイン名は’2020’、パスワードは2020年CanCan謹製卓上カレンダーの裏側右下の4桁の数字です、なお2019年のログイン名、パスワードの組み合わせも概ね2020年3月末まで利用可能です。(2018年以前は不可)

にほんブログ村 自転車ブログへ ←「日本ブログ村」ブログランキングに参加しています、応援のクリックお願いします。