来週のキャンプは

Image212.jpg来週に計画しているキャンプツーリング、色々と準備にない頭を悩ませています。 今回はできるだけ身軽にと考えているのですが。 ここ数年テントはモスのアウトランドで、これが最後のテントと決心して買ったモスですが、決して軽くはありませんし、あの美しいテントを美しく張るのもなかなか大変です。 実は一昨年にヨーレイカのスピットファイアーと云うソロテントを買ったのですが、いまだに使う機会がありません、自立せずペグダウンが必須なので、そんな事ならビビィザックを買った方が良かったかもと後悔しています。 まぁ安かったですけど。 やはり長年辛苦をともにしたヨーレイカのライジングサンが一番良かった様な気がします。
 サイドバックもあのオーストリッチを引っ提げて行くのも気が進みません、もちろんモンベルのフロント用だけでは、なんぼなんでも容量が足りません、フロントキャリアへのバッグの取り付けも色々と問題があります、ニットーキャンビー3の構造上、がっしりとキャリアでフロントフォークを固定してしまう為に、腕への振動がフォークで緩和されないのが結構辛いのです。 ヘッドランプがなければ、バッグの固定方法も多少工夫できるのですが。

40年前のネガから (1969/8/6)

Image213.jpgこの時の九州行、さすがに夜行ばかりと云う訳にも行かず、ユースホステルも利用していました、しかし何処に泊まったとか、全くと云って記憶がなかったのですが、こんなものが出てきました(^_^;) 日田とか霧島高原とかに泊まった様です。

ちなみにY.H.会員だったのは1979年度が最後で、写真はその年のものです、念のため。





Image214.jpgC57 36 ネガ袋にある記録ではこの日は都城駅、志布志区、宮崎区となっていますが。 当時の所属区と運用線区から類推してみるのですが、いずれも撮影場所ははっきりとしません。







Image215.jpgC56 92 5年後の1974年の鹿児島国体とその翌年の宮崎植樹祭でお召列車を牽引したC56です。








Image216.jpgC58 427 C58のラストナンバー、4次型と云うのでしょうか、船底型テンダー、門鉄デフが正式採用されるはずだった幻のC63を彷彿とさせます。