「河内風穴」は中止、代わりに高野山へ...

避暑がてら滋賀県多賀町の「河内風穴」へ行こうというサイクリングプランはなかなか明けない梅雨と怪しげな天気予報に翻弄され延期されたものの、またまた滋賀県の天気が怪しいので中止。 もともとコンセプトは「避暑」なので高野山へ行く事になった。
 集合場所は南海高野線からケーブルカーで上がった高野山駅なのだが、久しぶりに高野山へ自力で上がってみようと、午前4時過ぎに桜井を出発、明日香村から高取町、重阪峠を越えてR24から橋本五條線と馴染みのコースでR371へ入る橋本橋には6時には到着。 ここから狼頭峠を越えて玉川峡に入ります、峡谷沿いの道を経て高野山への道筋は標高を上げるにつれて吹く風もさわやかなのですが、寝不足が利いているのかいつになく眠くて仕方がありません、もしやニコチン切れかと... ニコレットを忘れてきた事に気が付いて、そうなるとなにかますます眠たくなります(^_^;)

標高840mの摩尼隧道に到着、このトンネルを抜けると高野山中、日陰にいると汗をかいた身体には肌寒くなる様な気温です、後で聞くと大門にある温度計は22℃だったとか。
 集合は高野山駅10時なのですが、時間も中途半端だし駅まで往復するのも無駄なので奥の院で合流する事にしてのんびりと休憩する事に(^_^)



本日の参加者はoookaさん、なべちゃん、天神橋五丁目さん、児玉さんとの5名に腰を痛めて走れない地元(麓と云うべきか)九度山人さんが差し入れ提げてスクーターに乗ってお見送りに。
「河内風穴」から急遽「高野山」に変更になったのでメンバーが揃ってからのコースが未定だったのですが、とにかく下界は暑いだけなので桜峠から天狗木峠と野迫川村を目指します。
↑天狗木峠と野迫川村上垣内の間、標高1000mを越えている辺りで,、吉野の山々をバックに写真撮影(^o^)


大塔村から天川村と走り小南峠で吉野山か下市へ戻るプランを考えていたのですが、oookaさんは物足りなさそうなのですが些か私的に厳しいので、今井峠から筒香、宿(やどり)と九度山まで下るコースに変更させて貰う事に(^_^;)
←今井峠紀和隧道、かつて野迫川村へ入る奈良交通のバスが越えていた道です。 (現在は大塔村阪本経由)



丹生川沿いの道をひたすら下り玉川峡の宿(やどり)へ、ここには温泉もあるのですが、まだ走らなければならないので温泉はパスして軽く食事を採る事に、今日はいつになく私が率先してビールを飲もうと云う事にu(^_^)
 この後は自走で御所市まで帰る児玉さんと別れて南海九度山駅まで走り、まだ走り足らないと旧紀見峠を目指すoookaさんを見送って解散、私はJR和歌山線高野口へ走り輪行しますが、橋本、五條、高田と最悪の接続で2時間半かかって(自転車の方が早いゾ)帰って来ました、走行112.7キロ。


「「河内風穴」は中止、代わりに高野山へ...」への6件のフィードバック

  1. 今井峠紀和隧道は車の往来や人の気配がしましたか?かつて単独で越えたとき、道幅はそこそこあるのにエライ淋しい道やなぁという印象を、今でも強く持っています。
    あ、そうそう、R371を降りてくるとき杖ケ薮近くで日本かもしかの子供とニアミスしました。
    対峙して10メートルは無かったと思うのですが、写真を撮ろうと顔を上げると消えていましたね。
    愛くるしい表情をしていますね?、美少女か美少年の顔をしていました。
    最初は鹿かなと思ったのですが、全身灰色の毛で覆われていました。
    どこかで母親が見張っていたかもしれませんね、それは見つけられませんでしたけれど。

  2. 九度山人さん、昨日はありがとうございました。
    久しぶりにお会いできました。
    カモシカに遭遇されたのですね。
    写真を撮ろうと止まったのはよかったと思います。
    (撮れなくて残念だったとは思いますが。
    )数年前のGWに岩岳のMTBレースに出たのですが、その時の走行上の注意として、カモシカに出会ったらおどかしたり追いかけたりせず、逃げ去るまでその場に止まって待って下さいと言われました。
    カモシカは臆病なので、危険な思いをすると、次の年からそこには現れないそうです。
    自然と動物保護のため、必ず守って下さいと言われたことを、九さんの書き込みを見て思い出しました。

  3. なべちゃん どうもです。
    一緒に走れればもっと良かったのですが・・・。
    左脚を真っ直ぐに伸ばせないのですよ。
    ご近所で猿を見たときも吃驚したのですが、まさか高野の山でかもしかに遭遇するとは夢にも思いませんでしたねぇ。

  4. 長い事、紀伊半島の山中を走ってますが、いまだに野生のカモシカにはお目にかかった事がないのです、あれって’鹿’と云うより’牛’ですからネ、ちょっと怖いかも。

  5. >あれって’鹿’と云うより’牛’ですからネ後姿はホント痩せ細った牛ですね。
    にらみ合ったときの表情は魅惑的でしたよ。
    珍しくて貴重な遭遇ですが、高野近辺で生息できるのか、それが心配ですね。

  6. やっと息が出来たーっ!と言う感じでーす、高野山から帰って「たより」に書き込んでから今日のお昼過ぎ迄、ヤフーのダメモデムの故障(3回目)でメールもネットもツンボだったので。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です