和歌山県5基目!!

昨夜ある方からメールを頂き和歌山市郊外の伊太祁曽神社前に「西山東村道路元標」が現存していると教えて頂いた。 伊太祁曽(いたきそ)神社は昨年4月に前を通っていて、熊野古道と龍神街道の分岐点にあたる場所で、現在も県道<9>岩出海南線と<138>和歌山野上線の分岐点でもあるので門前の写真を撮っていたはずなので調べてみると確かにらしきものが写っている、しかし興味を持って探していないとこんなものですネ(^_^;) 9さんに見つけて頂いた「安楽川村道路元標」とともに近いうちに確認に走って行かなければ\(^o^)/

 和歌山県には私が知る範囲での’大正道路元標’は橋本町、岩出町、安楽川村、有田村(西牟婁郡)に続いて5基目となった、しかし有田村は昨年9月に<226>紀伊有田停車場線の走破とヘキサ撮影に行っているだけにおしい事をしてしまった。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です