マシン近況 右側

ともちゃもやってきたので前(2004/5/24)の左側に続いてパソコンネタ。
 右端がMSIのMEGA651(Celeron2.0GHz、SIS651+962Lチップセット、256Mメモリ)
最近、話題のCPUオフでもCDプレーヤーやチューナーが使える製品、既に旧モデルになってしまったが…
 但しCDドライブとの相性がある、日立製のDVD+RドライブはCPUを一旦起動すると、その後(主電源を切らない限り)はCPUオフ時にイジェクト等のボタンが使えなくなってしまう、NEC製ドライブに交換後は正常に使用できている。
 写真(上)では判りにくいが、引き出し式キーボードの下のUSBオーディオブロセッサ(オンキョー SE-U33G)を介してアンプに繋がっている、サウンドカードのアナログ出力に較べて音質ははるかに良い、ちなみにSE-U33Gはフォノイコライザーを内蔵している。 もっぱらBGMとアナログ音源の採集用に使用。
 中央のMP730はFAX機能付の複合機、複合機は2代目、先代は同じくCanonのMultiPassB-20、思いっ切りタコなプリンタだったがMP730はなかなか優れもの、スキャナがフラットヘッドになったので図体はかなり大きくなった。
 左はかなりガタのきたA3レーザー機Canon LBP-730、標準で両面機能付のA4機Canon LBP-1310がほしいが、両面印刷を考えるときっとメモリも増設しなければならないだろうし予算が立たない。



←MSI MAGA651 ベアボーンだけに内部はかなり詰まっている、CPUファンは純正のものは使えず、ベアボーン添付のものを使用する。 メモリーカードリーダー内蔵、FDDおよび2台目のHDDを排他的に内蔵可能。
PCIバスはものによってはかなり厳しい(ロープロなら問題なし)、一度TVチューナー付きキャプチャカードを四苦八苦して押し込んだが、相性が悪く取り外してしまった。 内蔵のTVチューナー付きキャプチャカードは諦めて、外付けタイプにしようかな、机でTVが見られないと(音だけ聞いていると)、何かの時(例えば阪神のチャンスとか、巨人のピンチの度)に席を立たなければならない。


「マシン近況 右側」への3件のフィードバック

  1. LBP 1310 標準搭載のメモリだけで、PDFファイルとかさくさくプリントしてくれてるよ。
    画像が多くなければ、両面プリントでもメモリ増設は必要ないかと。
    ついでに言えば、増設メモリはノートで使われてる(使われていたか)PC100 144ピンSO-DIMMです。
    もっとも、どれでもOKとはいかないようですが、グリーンハウス製の64MBはOKとのこと。
    これなら7000円ぐらい。

  2. 恐らく両面印刷が必要なのは開発のドキュメントだから大丈夫かなとは思うのですけど、メモリもサードパーティが動作保証をしているものが1万円未満である様ですね。
    LBP1310って結構発売されてから日にちが経っている割りには仕切りが高くてねぇ…

  3. ある整理中の会社で処分される機材の中にEPSON LP8900があるから要らないかと親爺から連絡があった、調べてみると少し前までの現行製品だし、LBP730の変わりにタダなら儲けものかな…. ちゃんと動くのかな、でなければ粗大ゴミ。
    ちなみソフマップの中古下取り価格は数千円也、しかし情けない世の中ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です