CanCanがらくたミュージアム(3)

フロッピーディスク、左から8吋、5.25吋、3.5吋。
 8吋、5.25吋はもう稼働するドライブがないので単なるゴミです。 私がパソコンに関わった頃には既に5.25吋FDDの2D、2DDがあったので、8吋ドライブを個人で使っている人は珍しかったです。
8吋FDのラベルには’INFORMIX 3’とあります、データーベースソフトが1.2MBに入っていたんですネ。 うちでは8吋FDの10枚入り箱はEPレコードの保管箱として活躍しています。 アスクルやカウネットの様な事務用品通販のカタログからも8吋、5.25吋は載っていませんからほぼ絶滅しつつあるんですね。


「CanCanがらくたミュージアム(3)」への1件のフィードバック

  1. 8吋のフロッピーディスクは懐かしいです。
    パソコンではなくオフコンでしたね。
    当時大量の顧客管理と通販の伝票処理をするのに都市銀行並のオフコンを導入してました。
    8吋のフロッピーをバックアップとるのに外注の計算センターが毎日引き取りにきてました。
    景気のよかった頃の話ですがね。
    あの頃のプリンターはゴルフボールみたいな印字ヘッドがクルクル回って目にも止まらぬ速さでガチャガチャと打ってました。
    IBM製だったかな。
    その後ラインプリンターになり処理速度は飛躍的にアップしました。
    今時のプリンターってあの頃から考えるとすごい進歩ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です