「峠おやじ弐千峠」 一夜明けて

いつもツーリング明けはできるだけ外出する予定は外して、後片付けに勤しめる様にしているのですが、今日は電話対応でくたびれましたわ。 でもお勤めの方々の苦労を思えば…

7年前の「千峠」の頃と自転車ツ-リングをとりまくネット環境も大きく変わりましたね、当時はHP「ランドナー補完計画」のBBSを中心にまわっていたのですが、今では殆どの人がブログを持つようになってしまいました、以下リンク集です(順不同)。

ナワールドさんのHP「自転車・峠おやじ」
輪童さんのHP「輪童の自転車散歩」
九度山人さんのBlog「仙人日記」
辰巳御大の趣味のページ
大黒屋さんのBlog「ちょろちょろ日記」
山内さんのBlog「蔵」
SORAさんのBlog「片雲の風に誘われて」
MikeさんのBlog「Mike The Bike」
せいのさんのBlog「自転車日記」 

峠おやじ弐千峠達成記念サイク

Image83.jpg

「やどり」宿泊組は朝8時前に当日組と合流のために出発、丹生川沿いの下り基調の道を走ります。 あまり快適すぎたせいか、若干一名が転倒。  

 

 

 

 

Image84.jpg

9時過ぎにJR和歌山線高野口駅にて、当日組5名と合流、何年ぶりと云った顔合わせも居るようで。  

 

 

 

 

 

Image85.jpg

当日組の早い事、幹事団は最後尾に(^_^;) 谷あいの道を離れ視界が開けた辺りで休憩中、まだ標高では半分も登ってきていません。 当日組が「寄せ書き」を書いています。  

 

 

 

 

Image86.jpg

ようやく大畑集落へ到着、天気は良いのですが今日は霞んでいて下界の展望は5月の下見の時程ではありません、しかしここまで登ってくると蒸し暑さもおさまって、風も心地よいです。

 

 

 

 

Image87.jpg1999番目の峠、蔵王峠(約560m)に到着。  

 

 

 

 

 

Image88.jpg最初のピーク灯明岳展望台で昼食休憩、ですがもう自転車を置いてまで登る元気は残ってません、私はルート沿いで休憩する事に。

再び一同が揃って七越峠へ向かいます。

 

  

 

 

Image90.jpg

 七越峠にて、2000峠達成の瞬間。

 

 

 

  

 

Image91.jpg

七越峠にて(約840m) 

 

 

 

 

 

Image94.jpg7年前乙見山峠での「千峠」の時の参加者も5名揃いました、3000峠は…

Photo : oookaさん

「峠おやじ弐千峠」前日

明日は峠おやじナワールドさんの「弐千峠達成サイク」、幹事役を買ってでたものの、日取りやコースの設定から天気の心配まで、日程的に服部緑地での「シクロジャンブル」、信州杖突峠での「今井ディ」、おまけに「大台ヶ原ヒルクライム」にまでかちあってしまったのですがナワさん本人を含め16名の方とご一緒できる事になりました。 千峠の時は新潟長野県境の乙見山峠でしたが2000峠ともなると殆どの峠は踏破済、なぜか大阪和歌山県境の幾つかの峠が未踏で、関東方面の方には申し訳なかったのですが、蔵王峠~七越峠~鍋谷峠の和泉山脈縦走ルートで2000峠を達成して頂く事にしました。 近畿圏からは充分に日帰り可能な場所なのですが、前夜は和歌山県橋本市の「やどり青少年旅行村」に宿を取る事にしました。 幹事役を私一人では荷が重いので、幹事団として宿泊と食事の段取りに地元の9さん、コース設定ではRさんのお世話に、記念の「横断幕」作成ではDさんのお世話にもなりました。 有難うございました。

Image75.jpg参加の皆さん走り慣れている方々ばかりですので、今日は「やどり青少年旅行村」へ三々五々個々に集まって貰う事にして、私は遠来の方々からの連絡が入る事も考えて朝8時過ぎに桜井を出発、重阪峠越えで橋本を目指しました。 橋本橋の手前で南海「こうや」号の写真でも撮ろうと時刻を確認すると臨時特急が走っている様な、待っているとやってきたのは濃い緑色に塗られた22000系が??? 後で調べると「天空」と云う観光列車がプレ運行中だそうで、反対側は色々と展望のための仕掛けがある様です。

 

Image76.jpgR371狼頭峠越えで「やどり」入りするにはまだ早いので九度山町へ向かい真田庵で9さんとDさんに合流、写真は松山常次郎記念館(平山郁夫伯の夫人の父、郷土出身の政治家)

 

 

 

 

 

Image77.jpg柿の葉寿司の工場にてDさん。 この後玉川峡で頂きましたが、奈良の「柿の葉寿司」より濃く甘い味付けです。

 

  

 

 

 

Image78.jpg案内の貼り紙をしながら「やどり」に向かいます。

 

 

 

 

 

 

Image79.jpg 「やどり青少年旅行村」、川べりでキャンプもできるので名前こそ「青少年旅行村」ですが。 しかし山峡に怪しげな集団が終結する事に(^_^;)

私たちが到着した3時には既に主賓の峠おやじNさん、鉄人Kさん、ノコ魔女が到着済み。  

 

 

 

Image80.jpg「やどり温泉」

T御大は狼頭峠の土砂崩れ区間をフロント2サイド装備で強行突破してきたとか、ちゃんと案内していたのに。 しかし幹事団の一人Rさんだけが6時近くになっても到着しません、3時過ぎから度々連絡を入れているのに圏外が続いたまま、いよいよ事故や遭難の心配をしだしていた頃にやっと到着、早めにやってきたので、北又経由のコースを選んだら峠を越えてから全面通行止で再び峠を越えて引き返したとか、お疲れさまでした。  

 

Image81.jpgようやく宴の始まりです。  

 

 

 

 

 

 

Image82.jpgノコ魔女も記念の寄せ書きを…

あすのいでたち

明日明後日は一泊で「峠おやじナワールド」さんの「弐千峠達成記念サイクリング」です、一時土曜の和歌山県橋本近辺の降水確率が50%まで上がってやきもきしていましたが、どうやら土曜30%、日曜20%あたりで落ち着いてくれそうな、でも天気予報の事ですからネ。

Image70.jpg明日のいでたちはasuka号にミシュランワールドツアラー700x32cと矢の川峠と同じ、でも担ぎの心配は無いし、色々と荷物もあるのでリアキャリアにモンベルのサイドバックを、本来これはフロント用なのですが。 下見の時にダートがぬかるんでいてガードにクリアランスのない私はエラい目に遭ったのでガードは付けずに行きます。

輪行用ヘッドセット

Image69.jpg具体的にどうするのか、できるのかはともかくとして、T御大がカト-サイクルで買ってきてくれました。

asukaの親爺さんが元気な頃はなにもかも任せきりだったので、工具も揃えていないし、こと自転車に関してメカ音痴なんですよ、私は(^_^;)

 

次期マシンは...

Image68.jpg

Q8200で組んだ次期マシンですがWindowsXPを入れた状態で2ヶ月以上もほったらかしです。 ビデオカードにHDMIポートを持ったMSI NX8500GT-MTD256EHを載せてHTPCライクなマシンを考えていたのですが、手頃な値段で適当なケースがないのですよね。 そのうちにメインマシン(E6750)の調子が最近良くないので載せ替えようかと... とりあえず昨日買ったリムーバムルケースを取り付けたのですが。

今日のお買い物

約1ヶ月ぶりに大阪へ、「新型インフルエンザ」のお陰で遠慮していた様な、その渦中にいたS翁といつもの様に昼食。 「弐千峠サイク」には14日のみ来て頂けるとの由。

Image66.jpg

外部ストロボのMINOLTA 3600HS、 ワイヤレスのスレープユニットを繋いで光るのでちゃんとシンクロしているものだと安心していたら、シンクロしていない事が、直結ならちゃんとシンクロするので、延長ケーブルをば、しかし使い勝手は悪い。 道路元標などはDIMAGEで充分なのだが、せっかく買ったG1を置いて行くものもネェ。

 

 

 

 

Image61.jpg

T御大に650Bのチューブを頼まれていたのですが、梅田界隈ではさすがにどこにも置いていない、イトーサイクルかトモダまで行けばあるだろうが、そこまでの時間の余裕はないので諦めて貰う事に。 中崎町まで回ったのでミムラさんへ立ち寄り無いものねだり…. で買って帰ったのは

Bobby Hutcherson (vib) 1975年録音のBlueNote盤、初CD化とか、サンタナでヒットした「OYA COMO VA」 判る人は判る(^_^)が入っていたり。

 

 

 

 

Image63.jpg

再び梅田に戻り旭屋書店へ、頂き物の図書カードでMovable Type 関連本を2冊 、Movable Typeのスタイルシートってモジュール化されていて構造が判りにくいので、と云うか私の理解力がないのか(^_^;)

 

 

 

  Image65.jpg 旭屋本店 は1フロアが狭く効率が悪いかして、最近はレジが1,4,7階のみになったのですが、7階に上がったのが間違い、こんなの買ってしまいました、奈良交通のボンネットバス、1/76スケ-ル。 もとHOゲージャだけにこの縮尺は微妙、この辺りの蘊蓄はWikiでどうぞ。

このいすヾBX341のモデルはA氏の掲示板にて矢の川峠がらみで話題になったのですが、国鉄色の塗装は私には馴染みがないのですが、奈良交通の旧々塗装は感涙ものです。 大阪に住んでいた小さい頃に橿原神宮駅から栢森行きのボンネットバスにゆられて明日香村の母方の実家に良く行ったものです。 その当時に明日香村界隈を走っていたのがこの形式ではなくBXD30だったかも知れませんが、砂利道を揺られながら乗った記憶が鮮明に残っています。 付属のシールは「新宮(吉野北山経由)」、「奈良(十津川経由)」、「大台ケ原」、「東富貴」がついています。 しかhし吉野北山経由新宮行きって何処をどう走って行ったのでしょうね。

Image64.jpg日本橋へ回り、SATA用のリムーバムルケースを。  

 

 

 

 

 

 

Image67.jpg

まだ明るいのですが法善寺横町へ立ち寄…(^_^;)

でもよい子は早く帰ってきました。