今月の実績

タバコ5箱(100本)を最後に禁煙継続中です、アルコールはビール中ジョッキ1杯を一昨日のサイクリングの途中の’宿(やどり)’で頂きました、タバコ以上にアルコールは無かったら無かったですむ体質なもので、で弱いのかと云えば、飲んだら飲んだで人並み以上に飲めるのは知る人ぞ知ると云う事で... やはり夏ですからねぇ、ジョッキで飲む冷えたビールは旨いですぅ u(^_^)

今月の走行実績254.9キロ、仕事と梅雨に翻弄されてしまった様で走れず、それに走ったら走ったて先週の「葛城ポタ」と云い、「高野山」と云いバテバテでした(^_^;)



( Photo : なべちゃん )

<733>川津高野線、今井峠紀和トンネルを抜けて...




( Photo : なべちゃん )
 良い雰囲気が出ていますネ(^_^)

梅雨明け

気象庁によるとようやく近畿は例年より11日遅れで「梅雨明け」した模様との事。

 と云っても夏本番はこれから、昨日の高野山が涼しかっただけに下界は暑いです(^_^;)

「河内風穴」は中止、代わりに高野山へ...

避暑がてら滋賀県多賀町の「河内風穴」へ行こうというサイクリングプランはなかなか明けない梅雨と怪しげな天気予報に翻弄され延期されたものの、またまた滋賀県の天気が怪しいので中止。
もともとコンセプトは「避暑」なので高野山へ行く事になった。

 集合場所は南海高野線からケーブルカーで上がった高野山駅なのだが、久しぶりに高野山へ自力で上がってみようと、午前4時過ぎに桜井を出発、明日香村から高取町、重阪峠を越えてR24から橋本五條線と馴染みのコースでR371へ入る橋本橋には6時には到着。
ここから狼頭峠を越えて玉川峡に入ります、峡谷沿いの道を経て高野山への道筋は標高を上げるにつれて吹く風もさわやかなのですが、寝不足が利いているのかいつになく眠くて仕方がありません、もしやニコチン切れかと... ニコレットを忘れてきた事に気が付いて、そうなるとなにかますます眠たくなります(^_^;)

標高840mの摩尼隧道に到着、このトンネルを抜けると高野山中、日陰にいると汗をかいた身体には肌寒くなる様な気温です、後で聞くと大門にある温度計は22℃だったとか。

 集合は高野山駅10時なのですが、時間も中途半端だし駅まで往復するのも無駄なので奥の院で合流する事にしてのんびりと休憩する事に(^_^)

本日の参加者はoookaさん、なべちゃん、天神橋五丁目さん、児玉さんとの5名に腰を痛めて走れない地元(麓と云うべきか)九度山人さんが差し入れ提げてスクーターに乗ってお見送りに。

「河内風穴」から急遽「高野山」に変更になったのでメンバーが揃ってからのコースが未定だったのですが、とにかく下界は暑いだけなので桜峠から天狗木峠と野迫川村を目指します。

↑天狗木峠と野迫川村上垣内の間、標高1000mを越えている辺りで,、吉野の山々をバックに写真撮影(^o^)

大塔村から天川村と走り小南峠で吉野山か下市へ戻るプランを考えていたのですが、oookaさんは物足りなさそうなのですが些か私的に厳しいので、今井峠から筒香、宿(やどり)と九度山まで下るコースに変更させて貰う事に(^_^;)
←今井峠紀和隧道、かつて野迫川村へ入る奈良交通のバスが越えていた道です。
(現在は大塔村阪本経由)

丹生川沿いの道をひたすら下り玉川峡の宿(やどり)へ、ここには温泉もあるのですが、まだ走らなければならないので温泉はパスして軽く食事を採る事に、今日はいつになく私が率先してビールを飲もうと云う事にu(^_^)
 この後は自走で御所市まで帰る児玉さんと別れて南海九度山駅まで走り、まだ走り足らないと旧紀見峠を目指すoookaさんを見送って解散、私はJR和歌山線高野口へ走り輪行しますが、橋本、五條、高田と最悪の接続で2時間半かかって(自転車の方が早いゾ)帰って来ました、走行112.7キロ。

正露丸訴訟棄却

和泉薬品工業を訴えた大幸薬品、大阪地裁は「パッケージ似てても混同しない」と訴えを棄却。
でも広告主でもある大幸薬品だけにマスコミは他社製品をいかがわしい類似品扱いの報道ですねぇ...

 ところで「正露丸の主題による変奏曲」ってブラスアンサンブル用の曲があるらしい、マジに聞いてみたい。

S翁御一行様迎撃葛城ポタ

明日23日の「河内風穴」サイクの予定が危ぶまれる中、S翁が女性3名を引き連れて「葛城古道」へ来るとの事、N嬢も誘って急遽迎撃に。


←まずは笛吹神社からラッテたかまつを目指します。

「ラッテたかまつ」にて、当初S翁一行は「むすひ」でお昼を考えていたのですが「むすひ」は夏期休業中なのですよ。

「ラッテたかまつ」の後、番水の時計から九品寺と、写真は楢原の四阿前にて、大和三山が遠望できます。
木陰にいると心地よい風が吹いているのですが...

この後高天はパスして高鴨神社に向かうのですが、日頃R氏のガイドに頼りきっているので見事に道を誤って余計に登る事に、しかし暑さに参ってやっと辿り着いた高鴨神社でダウンしていました(^_^;)

一言主神社前にて

高鴨神社から風の森峠を廻って帰路に就きます。


 本日の走行、桜井から集合場所への往復を含め60.1キロ也、お馴染み「葛城ポタ」とは云え距離以上にくたびれた一日でした。

「紀伊半島の道」国道11路線他を「轍 Wadachi」対応

うちのHPで利用させて貰っているW氏の手になるGoogle Maps API 自動生成ツール「轍 Wadachi」、国道11路線(R163/R165
/R166/R168/R309/R368/R369/R370/R424/R425/R480)と奈良県道/和歌山県道/三重県道/京都府道と滋賀県道の一部を対応させました。

 従来から県道中心に情報を集めていましたので国道に関しては画像等のデータは至って不十分です、なお国道は距離も長くtラックデータが大きいため動作環境や通信環境によっては表示に時間が掛かったり表示できない場合があるかも知れません。
なお現行バージョンの「轍」は複数トラックに対応していない為、未開通部分あって分断されていたり適当なルートデータがとれない国道(R169/R311/R371/R422)や同様の県道は当面対応しませんm(_ _)m
 なお新バージョン対応分から自宅サーバーに配置しておりますので、サーバー停止時には参照できません。

今日の「朝ポタ」

まずは明日香村に向かい石舞台にて、さすがに6時前では観光客は皆無です。


栢森から芋ヶ峠を越えて吉野側へ入ろうかとも思ったのですが、W氏に「どこがポタやねん」と云われそうなので、今日は珍しく入谷へ登りました。
入谷は標高400m余り、明日香村の中では観光客どころかハイカーもやってこない場所です。
鳥の声を聞きながらのんびりと休憩しますが、タバコを吸わないと手持ちぶさたでいけませんわ(^_^;)

栢森へ下り、再び畑へと登り返して石舞台側へ越え帰途に就き8時には戻ってきましたが、少し物足りないなぁ... 本日の走行32.1キロ。