幻の道路元標

今年3月以来の道路元標ネタ、985基目となるはずだったのだが…
 6月に道路元標蒐集のリファレンスとも云うべき「国道901号 道路元標が行く」に、行方不明の奈良県山辺郡の朝和村道路元標が、なんと隣県の京都市南区上鳥羽の工場敷地内に保存(放置?)されていると掲載された。 本来ならすぐにも飛んでゆく処なのだが、丁度体調を崩し始めた頃で、道路元標熱も醒めていて、ついついほったらかしにしていた。 たまたま今日、京都での仕事が午前中に終わり、天気も良い事だし、もよりの近鉄京都線上鳥羽口を下車、歩いて10分程の丸三冷蔵本社工場へ向かった。

20121214a.jpg場所はすぐに判ったのだが、肝心の道路元標が見当たらない、「道路元標が行く」の該当ページによると矢印の位置に立てかけてあった様なのだが。 しまった何処かへ移動されてしまったか、尋ねてみようにも本社工場と云いながら、人影も事務所らしきものも見当たらない。 半年前まで確かにここにあったのだから悔しくてならない。

20121214b.jpg朝和村道路元標は、現在の天理市の上街道沿いに建っていたと云う。 しかし何故奈良県の道路元標が京都市内にあったのか、謎の道路元標は幻の道路元標となってしまった。

「幻の道路元標」への4件のフィードバック

  1. え????!!!
    絶対その辺の民家の漬けもん石になってますわ。


  2. 漬けもん石には大きすぎるけど、本当に何処へ行ったのでしょうかね…

  3. こんにちは。
    朝和村道路元標は、旧地への再建立を目指し、NPO法人京都歴史地理同考会が譲り受け、現在保管しています。
    ご心配のことと存じますが、ご安心下さい。

  4. コメントありがとうございます。
    本来建っていたと思われる場所は、狭いので再建は困難かとは思いますが、奈良の地に帰ってくる事を愉しみにしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です