名残の桜を「自撮り」サイク

明日香村稲渕にて

 今夜から再び崩れると云う予報のお天気に国中の桜は終りかと、9時位までは晴れマークが出ているので「自撮り」の準備をして出掛ける事に。昨日トラブル続きで引き返したErba号、シフトワイヤー、サドルバッグ、タイヤの交換をして、日頃は担がないリュックに三脚を押し込んで出掛ける事に、夏なら絶対にやらない出で立ちです。
 7時位まで少し青空も見えてはいたのですが、時々薄日が差す程度の空模様、まずは先週ロケハンしておいた稲渕のポイントへ、やはり明るさが足りませんね。
 昨日のおさらいですが、しかし稲渕は良いポイントが多いです。
 いわゆる案山子ロード、棚田の中の小径を朝風峠へ、峠は越えずに棚田を見下ろす回廊の様な道を祝戸へ。いくつかポイントはあるのですが、ロード向きのシチエーションでもないので、今回はパス。
 飛鳥川沿いの自転車道を少し走って藤原京から醍醐池へ、ここでは見事な菜の花と桜が見られるのですが、ご他聞にもれずアマチュアカメラマンが闊歩していますので、足跡代わりの何枚かを撮って早々に退散する事に。
 少々八木で所用があったのを済ませて、お天気の方はまだ持ちそうですので、飛鳥川沿いの自転車道を北上し、土曜日にめぼしを付けておいたポイントへ、ヘッダー用の横長画像が狙えるポイントを探していたのです。いつもは右岸の自転車道を走っているのですが、今まで気が付きませんでした。
 午前中には桜井に戻る位のつもりでいたのですが、既にお昼に。飛鳥川沿いにある三宅町のローゾンでコーヒーとドーナツで虫養いをして、進路を東へ。写真は寺川を渡る辺り、ダートですので今回はパス、来年への課題と。
 大和川に出て左岸を南下しますが風が強くなってきて、これにはちょっと参ります。川沿いの公園にて、丁度すべり台がありましたので。
 かなりの風に三脚を立てるのはちょっとはばかられる状況、こんな時に限ってスト-ンバッグを持ってきていないのです。桜井市域まで戻ってきて適当な四阿があったのでその中から狙ってみました。なんとメモリーカードが満杯で、不要なショットを何枚か削除して目的は果たしましたが。花散らしの風と恐らく今夜から雨だと、やはり国中の桜は今日が最後かと。本日の走行52.9キロ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です