「しまなみキャンプライド」2日目

「ゆめしま海道」弓削島大橋

 弓削島の朝。例によって明るくなりだす頃には自然に眼が醒めます、風がなかったので少々蒸せましたが、昨夏の「龍神~十津川キャンプツーリング」の折に用意した中華ブランドの安テント、インナーが全てメッシュになっているお陰で快適に過ごせました。まだ風雨に晒された事がないので判りませんが、重いMOSSの事を考えると夏の低地キャンプはこれで充分です。用を足しがてらカメラを持って海岸へ。
 さて「しまなみキャンプライド」2日目の予定は、因島へ戻り「しまなみ海道」を今治の「シクロの家」まで約65キロを走る訳です、私とK氏は途中離脱させて貰い途中の見近島(伯方島と大島の間にある無人島)の無料キャンプ場でキャンプの予定だったのですが、見近島は車は入れないものの休日は125CC以下の二輪が多いとの情報、ここ法王ヶ原はなかなか快適で、温泉も徒歩圏内にあって居心地も良いので2人で連泊する事に決めたのです。
 出発までの間にテントを海岸寄りに移設しておきます。今回はタープを新調してきました、以前からミニタープは持ってはいたものの殆ど出番がなかったのですが、テント同じ中華ブランドのタープが手頃な値段になっていたものでつい。ポールは付属していませんので、別途準備をしようかと思ったのですが、折り畳んだ時の長さが長いものしか見つけられず、以前のミニタープの物に手を入れて流用しました。自転車キャンプツーリング用のタープはどうしても畳んだ時のポール長がネックになってしまうんですよね。
 ところで問題のマッドガードですが、昨日「後藤鉱泉所」に立ち寄った合間に近くのダイソーで瞬間接着剤を手に入れておいたのですが、今日もグループ走行で皆さんにご迷惑をかけては何ですので昨日同様、恥ずかしながら後輪マッドガードなしで往復する事に。
 9時前にはキャンプ場を後にし「しまなみ」へ向います。一貫してコースリーダー、ペースメーカーを務めてくれているムラマサ君。
 今日はトレーラーなしのK氏と、後ろで欠伸をしながら走っているのは鹿児島から参加のFさん。

 

 因島の市街地を抜けて「しまなみ」へ、生口橋を渡ります。
 ムラマサ君を先頭に生口島を行きます。概ね15~18キロのペースなので、広いところは歩道を走る事も多いです。
 人気のジェラート店「ドルチェ」に到着しますが、満員。見事にカラーコーディネートされたお姉さんは、すみません他所の人です。人気のお店に集まるお洒落な昨今のローディ事情です。
 「しまなみサイクルオアシス」にもなっている「島ごころ」で一息入れます。シクロのスタッフの皆さんと、
 多々羅大橋を渡り「多々羅しまなみ公園」のお馴染みのポイントで記念撮影とお昼にします。

 

 シクロ提供のお昼は伯方島のお母さん達の作ってくれたおにぎり、たこ飯etc.etc. この辺りが地域に根ざした「シクロツーリズムしまなみ」の魅力ですね。
 「多々羅しまなみ公園」では、タンデム世界一周の青木夫妻が陣中見舞いに。

 

 一行とは伯方大島大橋の途中、見近島を見下ろすポイントまでご一緒してお別れです。

 

 見近島は伯方島と大島の間にある無人島ですが、キャンプ場などが整備されていて、トイレや水道が使えます。伯方大島大橋の自動車レーンからは下りる事ができないので一般の自動車が下りる事ができず、歩行者、自転車、125cc以下の二輪のみが入る事ができます。上から見下ろすと思いの他空いているのです、せっかくですので下まで下りてみる事に。

 さて下りてみると、釣りをしている人もいますが日影になる橋よりや管理棟の下に十数人が、グループよりも一人単車で来てのんびり過ごしていると云った人が多い様で、けだるい視線を感じてちょっと異様な雰囲気でした。しかしキャンプ場としては抜群のロケーションですね。
 見近島を後にしてK氏と弓削島へ引き返す訳ですが、4サイド装備のK氏と連なって走って貰うのも大変そうなの、フェリー乗り場まで別行動と云う事に。大三島ではロードのグループに引っ張って貰います、道の駅へ入る様ですので、離れしなに楽させて貰ったお礼の一言を。多々羅大橋を渡り生口島は東回りで因島大橋へ。距離的にはこちらの方が短かく交通量も少ないのですが、多少アップダウンがあるのと、お店とか適当な休憩ポイントがないので、経由する人は少ない様です。
 フェリー乗り場近くまで来て、コンビニで休憩していると、K氏が追い付いてきました。弓削島へは東側の家老渡フェリーで渡ろうと云う事にしたのですが、海岸べりの造船所を避ける為に結構な高さまで登らされる事に、以前に反対方向に走ったのですが、記憶には。
 家老渡フェリーは直接弓削島に行きますが、島の北寄りの上弓削港に着きますので、法王ヶ原キャンプ場へは少し戻る格好になります。

 
島のスーパーで買い出しをして、あまり凝った事もせずに適当な食事とツマミで乾杯です。浜寄りにテントを移設しておいたお陰で、海岸でのキャンプ気分も増して、風の通りも良い様です。温泉まで往復し2日目の夜を終えました。本日の走行約81キロ。
 

プロローグ 前日 1日目① 1日目② 2日目 3日目

ブログランキング・にほんブログ村へ ←「日本ブログ村」ブログランキングの参加しています、応援のクリックをお願い致します。

「「しまなみキャンプライド」2日目」への1件のフィードバック

  1. 15日はシクロの家に泊まるつもりでしたが、HPでは満室との事で断念。
    因島から西条市まで走って暑さでクタクタでした。
    ゆめしま海道も車が少なく、いい所でしたね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です