今年も「大和高原夏の早朝ラン」

 RRCBの恒例行事「大和高原夏の早朝ラン」、8月の第1日曜、朝7時に名阪国道針テラス集合、暑い下界を忘れて早朝の大和高原を颯爽と走ろうと云う企画、いつ頃から始まったのでしょうかね、どうも2006年8月13日の「大黒屋さんスポルティーフお披露目ラン」がルーツの様なのです。現在は原則クロモリホリゾンタル、ワイヤー上出し、トゥークリップがレギュレーションのクラッシックロードの走行会になっています、同じく大和高原で行なう「クラッシックロード走行会」よりは緩め、特に女性には。かく云う私はビィンディング派ですので、毎回レギュレーション違反な訳です。
 さて前置きが長くなりましたが、5時前に桜井を出発、初瀬ダム経由で針テラスを目指します、明日香村のチネリ怪人vivva2000さんが追いかけるよとの話ですのでのんびりと足を進めますが、つっちーさんが車で追い抜いて行った他には一向に現れる気配がありません、そのまま針テラスに到着。順次参加メンバーが揃ってきたのですが、珍しく遅刻者もいてスタートは遅れそうです、まぁ皆さん退屈しないネタがあるのが良い処で。(写真左 : kiyaさん)
 無事に面子が揃った処で0717スタートです、参加メンバーは女性2名を含む23名だとか。
 R25旧道に出てR369を跨いで一本松ICを過ぎる辺りまで西へ走ります。(写真右 : kiyaさん)
 天理市域に入り小野味口の三叉路から市道を北へ入りますが、先回りさせて貰って山田で一行がやってくるのを待ち構えます。
 山田からは奈良市横田町へ越える無名の峠(535m)へ、写真右奥はプログレスの三島さん(元アテネ五輪メカニック)、右手前はうちのerba号の前オーナーcharaさん(元国体京都代表)、ここからは白砂川に沿った快適ダウンヒルです。
 横田から日笠まで県道80号奈良名張線を走り、県道47号天理加茂木津線へ入ります、一応白砂川に沿って下り基調なのですが、幾つか登り返しが。ここでも先回りさせて貰い大平尾で一行を待ちます。
 峠の廃校跡前、「自撮り」でもお馴染みのポイントです。
 大柳生の里山風景をバックにいつもの記念撮影ポイント、田園風景の緑にQCRジャージのオレンジが映えます、若干1名欠員がいますが。なお大きな画像は「ツーリングの記録」にて(要認証)。
 大柳生で再びR369を跨いで須川貯水池へ、対岸に渡って前川沿いの県道33号奈良笠置線を下ります。
 幻のマルコ・マラストーニを操るクロモリ女子。
 いつもの休憩ポイント、上狭川バス停前高城酒店。
 笠置まで後少し、標高115mまで下ってきた下狭川で折り返して白砂川沿いの県道173号下狭川阪原線へ入ります。ここから後半、針テラスに向かって登り基調のコースとなりますが、ここと県道127号北野吐山線、渓流沿いの涼やかな道を選んでいるのがこのコースのミソですね、ただ路面状況は悪く水も流れていて結構汚れます、今どきローディにはお薦めではないかも。
 阪原の三叉路(旧道)で再び、川沿いに涼しい風が吹き抜けて最高に涼しいです。メカトラブルで引き返していたkiyaさんが追いついてきました、同じコースをなぞらなくても、布目ダムへ直行すればとも思うのですが、そこはその(写真右)。
 R369に入って柳生への小さな峠を越え、柳生の交差点から県道4号笠置山添線へ入ります(写真左 : kiyaさん)。
 布目川に架かる興ヶ原の沈下橋。
 布目ダムへの登り(Photo : kiyaさん)。
 10時半には布目ダムに到着、ここには冷たいお水と西瓜が待っています。
 布目ダムを後に。
 県道80号を少し登って県道127号へ。
 箱庭の様な里山風景をバックに2ショット。
 県道127号北野吐山線、農免道路が並行していて、北野よりの渓流沿いの道は殆ど車は通いません。
 小倉IC手前で今日最後の休憩ポイント。
 お昼過ぎには針テラスに戻って、近くの「王将」でお昼にして「ミモザ・ガーデン」でカフェを愉しむと云うパターンなのですが、夕刻から予定があるのです、今年は「王将」前でお別れして帰途に就かせて貰いました。標高のある大和高原と爽やかな風、快適なサイクでしたが、初瀬ダムあたりまで降りてきたら熱気が、猛暑の下界が待っていました。本日の走行、往復自走を含めて107キロ。

 なお集合写真を含む写真をアップしております「ツーリングの記録」→「2019」からご覧下さい、参加の方は再利用して頂いて結構です。なお認証が必要です、パスワードをご存知でないとご覧頂けません。ログイン名は’2019’、パスワードは2019年CanCan謹製卓上カレンダーの裏側右下の4桁の数字です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です