久しぶりの生オケ

20150321b.jpg
たまには自転車以外の話題も。 ずいぶん久しぶりに生オケを聴きに行ってきました。 前は若杉弘のマーラー7番だっけ、千住真理子のシベリウスだっけ、とにかくいつの事だった判らない位に久しぶりなんです。 それとフェスティバルタワーは2012年の12月に行きましたが、新しいフェスティバルホールは始めてです、何か安くて良いプログラムがあればと思いつつ2年も過ぎてしまいました。 大フィル定期でブラームスの二重協奏曲(バイオリンとチェロのための)とドボルザークの8番がかかる事を知って、二重協奏曲はそう聴く機会はないので、昨年暮れにチケットをとっておきました、早かったので安い席にしてはなかなか良い位置、まぁ初めてのホールなんで良く判らなかったのですが。
 正直云って二重協奏曲の方は「エエこんな曲だったの」と思う位に印象の違うもので、帰宅後手持ちの4枚のCDを聴いてみたのですが、オケもソリストも悪くはないのですが、この曲の持ち味であるソロ楽器とオケの絡み合いの妙とブラームスらしい響きが聴こえてこなかった様な、ドボルザークの方はなかなか聴き応えのある演奏で満足して帰ってきましたが、まぁたまに生の音を聴いておかなくてはネ。

20150321a.png指揮:クラウス・ペーター・フロール、バイオリン:クララ:ジュミ・カン、チェロ:ジャン・ワン、大阪フィルハーモニー交響楽団。

にほんブログ村 自転車ブログへ にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
「にほんブログ村」ランキングに参加しています、応援のクリックをお願います。
No tags for this post.