「道路元標」カテゴリーアーカイブ

桜井町道路元標 (奈良県磯城郡)

早速、図書館からの帰り道にあるのが「桜井町道路元標」、駅南の寂れた商店街の中にあります、位置的には横大路(初瀬街道)沿い、上街道や多武峯への道が交差する処です。


少し欠けたりしていますが長年アーケードの下で場所的に風雨にさらされる事が少なかったのかはっきりと「桜井町道路元標」と読み取る事ができます。


No tags for this post.

城島村道路元標 (奈良県磯城郡)

城島(しきしま)村は現在の桜井市、大和川より南、近鉄線より北側と云った辺りでしょうか昭和17年に当時の桜井町に編入されていますが、現在では桜井市役所や警察、消防、税務署、郵便局まで旧市街からこちら側に移っています。 道路元標は桜井町のものから上街道を北に数100m辿った処にあります。


道路元標は原則、「○×村道路元標」と彫られた面が道路側に面しているのですが、何故かここでは「奈良県」と彫られた面が正面になっていて裏向きです。 これは多少なりとも移動や建て直された証拠だそうで、確かに辻でもなんでも無い位置に建つのもやや疑問ですが、奈良県公報記載の地番とは現在地は一致しているそうです。 しかし今や裏路地と云った趣の道とは云え、非常に危険な位置に建っています、同じ桜井市域でも三輪大社や「三輪そうめん」が知られる三輪や元城下町として帰属意識の高い織田村等と違って「城島」の地名すら残っていないこの地区の「道路元標」がこのまま生き残る事ができるかは危なっかしいです。


No tags for this post.

三輪村道路元標 (奈良県磯城郡)

「そうめん」と「三輪大社」で有名な三輪、昭和30年に織田村と纏向(まきむく)村と合併し大三輪町となり昭和38年に桜井市に編入されました。


「三輪村道路元標」も基本的に上街道沿い、三輪郵便局の隣の神社の前にあります。


No tags for this post.

織田村道路元標 (奈良県磯城郡)

織田村も大三輪町を経て昭和38年に桜井市に編入された村です。 先年話題になった箸墓古墳があります。 ここも上街道に沿った場所に在ります。


「道路元標を尋ねて」によると、「織田村道路元標」は一旦撤去され織田小学校に保存されていたものが再び本来の場所付近に再建されたそうです。


No tags for this post.

柳本町道路元標 (奈良県磯城郡)

柳本町は大正12年に柳本村が町制をしいた、元来磯城(しき)郡に属していたが昭和29年に丹波市町をはじめ山辺郡の4町村と合併して天理市となった。 上街道とJR桜井線柳本駅前の通りの交差する処の東南角、写真の右下電柱とポストに間に隠れる様に「道路元標」はあります。


箸墓古墳と同様、先年三角縁神獣鏡の出土で有名になった黒塚古墳の近くにあり、「山の辺の道」や古墳群と考古学マニアやハイカーで賑わう道筋ですが、この近代日本のモニュメントに気付く人は少ないでしょうネ、第一多少なりとも「道」には造詣のあったハズの私がしょっちゅう自転車で通っている上街道沿いの「道路元標」に気が付かなかったのですから。


No tags for this post.

朝倉村道路元標 (奈良県磯城郡)

柳本村道路元標から上街道をそのまま北上すると現在の天理市の丹波市町にも「道路元標」が現存する様なのですが、雲行きが怪しくなってきたので上街道を桜井へ引き返しますが、結局は降り出しそうにもないので今度は初瀬街道を東にとります。 朝倉村は昭和29年に当時の桜井町に編入されていて、「道路元標」は国道165号線と並行する旧道沿いに建っています。


「道路元標」は移動させられない限り道路の舗装の度に埋もれていく様です、本来は60cmの高さがあります。
 この先、長谷寺のある旧初瀬町にも現存する様なのですが、今日はここまでで引き返す事に。


まだ桜井市域には旧多武峯村(なんと「灯篭亭」の前です)、明日香村の旧飛鳥村にも残っている様です、しかし自宅から半径数キロに10本近い「道路元標」が現存しているとは思いもしませんでした。 上街道と初瀬街道と云う旧街道がそのまま拡幅する事ができず新しいルートで現在の国道が付け替えられた事が幸いしたようですね。 しかしガイド本がある奈良県は探索するのは難しい事ではなさそうですが、「道路元標を尋ねて」の内容からすると、和歌山県や三重県を探索するのはそうは簡単な事ではなさそうです...

No tags for this post.