雪の「第13回あすか鍋サイク」

 

20141214a.jpg「あすか鍋サイク」は1998年以来行っている忘年会サイクリングで、走った後に明日香村岡の「めんどや」で名物のあすか鍋で温もろうと云う企画です。 10回目以降は隔年開催と云う事になっていたのですが、昨年はなくて3年ぶりの開催となりました。 ところが先週末に続いての寒波襲来、過去には2005年の第8回では積雪でコース変更を余儀なくされた事があります、さて朝起きて多武峰の山を見上げても白いものは見えないので、今日は雪の心配はないと思っていたのですが。 お昼に振舞うぜんざい15人分の材料と鍋他をサイドバッグに押し込み明日香村を目指し、飛鳥坐神社前で今日の安全を願って一旦停止(^_^)

 

 

20141214b.jpg集合場所の「めんどや」駐車場に着くと既に何人かがお待ちでしたが、なんとつっちーさんはモールトンTSRにシュワルベのスパイクタイヤ装備、このタイヤ年に一度しか生産しないそうで入手には1年近くかかるとか。 しかしこの時点で積雪はないので「舗装路走ったらスパイクが飛ぶよ」とか、肴にされています。

 

 

20141214c.jpg鉄人児玉さんもお元気で登場、さすがSPDサンダルではないだろうと思いきや、やっぱりSPDサンダルです。 なんやかなと云っていると雪がちらほら、雲行きが怪しくなってきました。 ヤマタンさん親子がまだ到着されません、恐らく奈良マラソンの交通規制の影響を受けているのでは思うのですが、定刻10時を回ったところでスタートとする事にします。

 

 

20141214d.jpgまずは石舞台古墳をタダで見下ろせる場所へ移動、2名遅れているのですが2名のドタ参が加わって15名で記念写真です。 今日は岐阜から峠おやじナワールドさんも馳せ参じてくれました。 ガード付き10台、MTB1台、ロード1台、なぜか小径車5台と云う構成です。

 

20141214e.jpg雪は降り続いていますが、稲渕から栢森まできても道路への積雪はなかったのですが。 (写真:輪童さん)





 

 

 

20141214f.jpg栢森にて、ここまでに今日の走行メンバー17名が無事揃いました。 いよいよここから本格的な峠道になります。 不安半分、期待半分の雪上ランなのですが、行者辻に着くまでにはまわりはすっかり雪景色になってしまいました。 それでもロードで走りに来られる方たちが若干2組5名、折角の休日、ロードしか乗らないからそれでくるのでしょうがご苦労様です、さすがに吉野へ越える事は諦めて引き返してこられましたが。 (写真:UG兄さん)

 

20141214g.jpg芋峠はごらんの通り、さすがに細いタイヤでは峠直前の急坂は登れない様です。






 

 

 

20141214h.jpgご満悦なのはスパイクタイヤのつっちーさん、高取城址へ向かう林道(未開通)でヤラセ写真のモデルに(^_^)v (写真:輪童さん)





 

 

20141214i.jpgいよいよ下りです、道路上の積雪は明日香村側より多い様です、慎重に下りますが、その道中の寒い事寒い事。 新調したGIANTのグローブ、寒さにはからっきしダメです、ウールの手袋に替えて下ります。



 

 

20141214j.jpg吉野町千股まで下り、水辺公園の四阿でお昼にします、座れる処も限られてますし、屋根のある割には濡れてますので、殆んどの皆さん立ったままで準備をしてそれぞれお昼に。 私がぜんざい、UG兄さんが抹茶カタクリの振る舞いで温まって貰います。 (写真:UG兄さん)

 

 

20141214k.jpg吉野河畔まで下り上市橋で左岸の県道へ、雪も止み少し陽射しも戻ってきました。 この後少し県道を西へ走り椿橋で右岸へ戻り壺阪峠を目指します。





 

 

20141214l.jpg壺阪峠にて、ナワールドさんは壺阪峠はコレクションしてなかったそうで、これが2,4??番目の峠になったそうです。 ちなみに1.000峠目と2,000峠目のイベントランにはご一緒させて戴いてます。



 

 

20141214m.jpg壺阪峠から少し下ったところのビューポイントにて、今日は大阪の高層ビル群から六甲山まで望む事ができました、大和盆地に陽射しが当たって下界は暖かそうです。





 

 

20141214n.jpg高取町の街並み土佐街道に入り観光案内所「夢想館」でトイレ兼自転車談義休憩です、やはり下界は暖かいです。 この後は檜隈の集落の中のややこしい道を縫って走り明日香村へ。

 

 

 

20141214o.jpgロードコンディションは決して良くはなかったのですが、全員さしたるトラブルもなく予定通り16時過ぎに明日香村「めんどや」に戻ってきました。 ここで待ち合わせのご家族とも合流し、来年の無事を願って「あすか鍋」の始まりです。


寒い中を参加の皆様ありがとうございました。 なお本日の走行コースは予定通りですのでこちらに準じます。

 

例によってアルバムに写真をUPしています、大きなサイズの画像もダウンロードできます。 うちのHPから[BYCYCLE]→[ツーリングの記録]→[2014]と辿って下さい。 なお認証が必要です、ログイン名は’pal’、パスワードはうちのFAX番号下4桁です、CanCan謹製カレンダー等でご確認下さい。

「雪の「第13回あすか鍋サイク」」への1件のフィードバック

  1. 生きて帰って来たやん!とは、家のカミさん。
    雪積もってたけど、おもろかったでぇ。
    雪景色は絵になりますなぁ、皆さん雪遊びが好きなのも判ります。
    ちべたい身体に温かいぜんざいと抹茶かたくりは染み渡りました。
    cancanさんに感謝、ご一緒してくれた皆さんに感謝、また遊んでやってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です